*

「なあなあ」な会議を意見が飛び交う創造的な会議に変える方法

会議が「なあなあ」になっている会社は結構多いと思います。
反論が出ない、しづらい雰囲気があり、何となく誰かが言った意見にみんなが流されてしまう状態です。

お人好しでは片付けられない、とても危険な状態だと考えます。
思考停止になり、みんなで地獄にまっしぐら、なんてことになってしまいますからね。
「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、本来、集団は賢い判断ができる力を持っていますが、「なあなあ」だと集団は馬鹿になります。

今日は、集団が賢い判断ができるための誰でもできる会議のコツを紹介しますね。

“みんなに従う”という同調行動が「なあなあ」の原因

人は大多数に流される特性を持っていますが、それを示す信じられない実験があります。
集団にりんごを見せて「これは何ですか?」と聞く実験です。
保育園か?って感じですが(笑)集団の中にサクラを入れ、1人に「ぶどう」と答えてもらいます。
すると、周りの人は「こいつはバカか?あるいはふざけているのか?」ってなりますよね?
ところが1割り程度の人が「ぶどう」と答えると、みんな不安になるんです。
で、80割くらいが答えると「ぶ、ぶ、ぶ、ぶとうです」って答える(笑)
最初は「おかしなヤツがいる」だったのが「もしかしたら、オカシイのは自分かも?」って思っちゃうんだよね。

「なあなあ」現象は、誰かが言ったことに対し、思考停止で「いいね」とやるとそれが広がり、内心、違うと思っている人まで「いいね」と言い出すわけです。

集団が馬鹿になるパターンはいくつかありますが、日本人には結構多いケースだと思います。

集団が賢い判断をするには最低、2つの要件が必要だと考えます。
1つは「独立性」
もう1つは「多様性」です。

独立性というのは「リンゴはリンゴ」と言える、自立した意志です。
集団の中に1人こういう人がいると助かります。
ただし、周りがその人を「協調性のないヤツだ」と排除しないことが求められますがね。

多様性というのは、梨と答えたりミカンと答える人がいる集団です。
別名「変人の集まり」ですが(笑)、たった1つの正解を導き出すのではなく、現代のような単一解がない、あるいは解が無数にある時代では多様性のある集団の方が面白いアイデアを出すことができます。

一番面白くない集団は、同じような経歴で、同じような教育を受けた「なあなあ」の集団です。「前例がないからダメ」なんてアホな意見をみんなが「ウンウン」と頷くような集団ね。

では、簡単に「なあなあ」になりやすい日本人の集団が独立性と多様性を確保するためには、会議をどんな風にすれば良いか?って話です。

書いてから発表するという手順で同調行動が少なくなる

同調行動をシャットアウトする最も簡単な方法は、「しゃべる前に書く」というものです。
「書いてからしゃべる」ってことね。
付箋に書き、それを張り出しながら1人1人に意見を言ってもらうわけ。
すごく簡単な方法ですが、これ1つで独立性と多様性が激しく増します。

そもそも「なあなあ」は同調しないことで嫌われたくないという恐れから起きるものです。
紙に書いた意見が張り出されていると、それを無視して同調すると、その人に申し訳ないと考える人が出て、会議が混乱します。
この混乱が集団が賢い判断をするために必要な課程だと考えるのです。

集団には3つの進化課程があると言われています。
1つは「村社会」で、意見が言えずに「なあなあ」になる状態です。
2つ目は意見は言えるが、衝突が起きてまとまらない混乱状態です。
3つ目は、独立した意見が結びつき化学反応を起こし面白いアイデアが出る状態です。

2から3に移るためには、様々な意見から化学反応を起こす必要があります。
その時に使える考え方が「Yes and」というものです。

「◯◯さんのそのアイデアはとてもよいと思います。(Yes)そのアイデア「ならば」(and)コスト面がクリアになれば進められそうですね」
これが「Yes and」ね。

対し、Yes butの会話もあります。
「◯◯さんのそのアイデアはとてもよいと思います。(Yes)ただ(but)コスト面が考慮されていませんよね」
これはキャッチボールではなくドッジボールです(笑)

「なあなあ」は危険である事を伝え、それを避けるために「書いてからしゃべる」方法を伝え、出た意見、アイデアで化学反応を起こす「Yes and」を伝える。

これで、相当に活性化した会議になると考えます。

異常に我が強い社員がいる場合、その人の意見に流されることもあります。
そんな場合は「Yes and」のアイデアも書いてから発表するという方法で少しはマシになると思います。

会議が馴れ合いにならずに「三人寄れば文殊の知恵」になる、賢い集団になったら仕事がすごく愉しくなると思いますよ!

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

 

【現在受付中のセミナー】

■指示ゼロ経営ベーシックセミナー
社内にイノベーションを起こすには、数パーセントのイノベーターの行動を全体に広げること。
そのムーブメントが起きる6つの要件を「実際に体験しながら」学びます。
座学ではなく指示ゼロ経営が起きる場を体験することができる面白いセミナーです。

10月20日:東京開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5095

10月24日:大阪開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/4607

■「自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー」
ワークを通じて、賃金が増えた喜びや、評価に納得しないといった体験をしながら最適な賃金制度を学ぶセミナーです。
昇給や賞与を計算するデータ資料が参加特典でつきます。
http://www.shijizero.jp/archives/5176

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行