*

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分、社長も社員もワクワク感でいっぱいだと思います。
対し、「今のままを続けても明るい未来があるか疑問」…そんな会社は何とも言えない不安感をお持ちだと思います。
そんな状態に置かれている会社は、もう過去の延長線上ではない、これまでの常識にとらわれない飛躍した発想が求められます。
とは言っても…「これまでの常識にとらわれない」というのが一番、難しいですよね?

そこで、ぶっ飛んだ未来…しかしながら夢物語ではない実現可能性のある未来を描くワークショップを開催します。

「飛躍した未来はどう描くのか?」

自社を「新聞屋」とか「電気屋」とか、タウンページに載っているカテゴリーでくくると飛躍的なアイデアは生まれません。
扱っている商品、何屋はいったん脇に置くことが大切だと考えています。

思考プロセスはいたって簡単です。
「自分たちにできる事で」→「こんな悩み、欲求を持った人を」→「どんな風にハッピーにできるだろうか?」
つまり、自分を知ること、そして生活者の欲求を知ることから、新しいビジネスアイデアが生まれます。

例えば、ある新聞屋さんは「自分たちにできる事」をこう考えました。
①地域の人をよく知っている。②自社にイベントスペースがある。③自店発行の手づくり新聞(ニューズレター)がある。④新聞記者とのコネクションがある。⑤宅配ができる。

地域の生活者の欲求は…
・地域コミュニティが薄くなったことによる寂しさを何とかしたい
・定年退職をした後も社会との関わりを持ち続けたい
・後継者がいない農家で、大切にしてきた畑や田んぼを引き継いでくれる人が欲しい
他にもたくさん出ました。

さて、自社だからできることで、そうした人たちがハッピーになる方法はないか?と考え、こんなビジネスアイデアが出ました。
1、後継者がいない農家に、農業をやりたい若者を紹介する。若者は農家からノウハウを学ぶ(有料で、一部を仲介料としていただく)→畑や田んぼの使用者は地代を農家に払う→採れた野菜やお米などは新聞店で仕入れ地域に販売する。できれば地元のお弁当屋さんとコラボしてお弁当販売を行う(ニューズレターがあるから売りやすい。お米など重いものは宅配する。お弁当は独居老人や共働き世帯に宅配する)
みんながハッピーになりますよね?

2、定年退職者を対象にした「プチ起業ワークショップ」を自社のイベントスペースで行う。参加者同士のコラボレーションが生まれるようにする。→それを必要とする人との架け橋をニューズレターで行う→さらに、新聞記者に取材に来てもらい、それを地域に周知させる。
紹介料で収益を得ることができますし、地元の人が多く新聞に載るようになると新聞を読む人も増えるという相乗効果も生まれます。

「アイデアはどのように出すのか?」

今回の「社長のための夢新聞ワークショップ」では、非常にシンプルなツールを使い、業種、職種にとらわれないアイデアを参加者の力を借りながら、良い意味で無責任に出していきます。

先日やった時は、ワークショップ開始時には「ウチらの業界には未来はない」と言っていた方が、たった1時間で2つのアイデアが生まれ「ウチら、可能性のかたまりじゃん!」と言っていました。

「アイデアは物語にして初めて生命が吹き込まれます」

出たアイデアは夢新聞で物語にします。
夢新聞とは自分の未来が書かれている新聞を自分の手でつくるワークショップです。
未来の日付を入れ、記事はすべて完了形で書きます。その時の状態を第三者の新聞記者が書いたように表現します。
未来と、そこに行き着くまでのプロセスを自由に描くもので、言ってみれば「未来をでっち上げる」ってことです(笑)

感情が伴う楽しい未来物語を描くことで、感情の脳が「もう実現した」と勘違いを起こします。
これは書いた人しかわからない感覚です。

嘘でもいいから、ワクワクする未来…でも、夢物語ではない、実現可能性のある未来を描いてみませんか?

■日時:2017年10月23日(月) 14:00〜18:00
■場所:「たくらみ屋 大阪ベース」
マルイト江戸堀ビル 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目10−11
https://goo.gl/maps/dnv1vYFXCfq
■定員:21名
■講師:米澤晋也 http://www.shijizero.jp/
■受講料10,000円(税込)
※受講料は当日、現金でいただきますのでご用意をお願い致します。
※万が一、「申込んだのにメールが来ない」という場合はお手数ですが、下記アドレスにご一報下さい。
kwd.shinya@gmail.com
■主催:一般社団法人ドリームペーパーコミュニケーションズ 共催:株式会社たくらみ屋
■お申込みは下記フォームからお願いします。

お名前
会社名
TEL
メールアドレス
メールアドレス(確認)
参加人数
お問い合わせなど

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分