*

強い個人が集まった集団よりも、助け合える集団の方が優れている

助けを求める事は弱いこと、いけない事だと思っている人は結構多いと思います。
責任感の強い人に多いよね。
特に経営者はそうだと思う。
自立心が強いから社員にも自分の力でやる事を求める傾向が強いと思います。
確かに、一見すると自立した個の集団は強いように思えますが、実はそうではありません。

助けを求めやすい雰囲気があり、周りが援助する集団の方が強いのです。

助けを求めることは弱いことではなく、むしろ強いこと…今日はそんな事を考えたいと思います。

困っている人を援助すると全体のアウトプットが増える

早めに「助けて欲しい」と言い、そこに援助に入るチームは成果を上げます。
その理由は、仕事は1人1人で完結せずに「全体のつながり」で成り立っているからです。
例えば…僕の会社で説明しますね。
凄腕営業マンがいたとして、1日に100件の新聞購読契約をとってきたとします。
次の工程は事務員さんが、それをパソコンに入力して配達員への連絡表をつくります。
配達員はそれを確認して間違えないように、そして件数が増えても配達時間が遅くならないように配ります。

このようなつながりで全体ができているわけですから、営業マンが事務員の能力を超えて契約をとってきてもお客様に届けることはできません。

「一番弱い部分が、その会社のアウトプットを決める」
これが、たくらみ屋の相棒、森本繁生さんが得意とする「TOC」という理論です。
森本さんのブログはコチラ!
https://shigeomorimoto.jp/youmaynotuseit/

さて、「助けを求めず自分の力で…」という文化が強い会社では、事務員のところで仕事が詰まってしまい、お客様に届けることができません。
これでは全員が損をします。

逆に、援助を求めやすく、周りも快く協力す風土がある会社では、サッと援助に入り仕事の詰まりが解消されるため「全体の」アウトプットが増えますよね。
みんなが得をするわけです。

助ければ全てが上手くいくのに、それをしない原因は「忙しくて他を助けられない」というよりも、「助ける文化」がないことが圧倒的に多いと思います。

「助けて欲しいと言うことは良いこと」…そんな共通認識を創ることだと考えます。

マメに小さく創っていくと全体のアウトプットとスピードUPになる

僕は、この事に関して、驚くような場面に遭遇したことがあります。
とある小学校の特別支援学級から依頼された夢新聞ワークショップでの出来事です。
夢新聞ワークショップでは「助け合い」を重視します。
その理由は、1人1人の夢を実現させる一番いい方法は「みんなで叶えること」だからです。
人には、自分の力だけではできないことが多いですよね?
人には得意も不得意もあるから、それらを互いに補え合う集団はみんなで叶えることができます。
逆に「自分はできたから知らない」という人がいる集団は、誰のの夢が叶わなくなってしまいます。
そうした理由から、制限時間までに「クラス全員が」完成させるというミッションを与えているのです。

さて、その特別支援学級はこれまでの通常学級と大きく違いました。
通常、ミッションの達成率は3〜4割ほどです。
達成する場合でも、制限時間ギリギリ1分前ということが多いのです。
ところがそのクラスでは、15分前に達成。
しかも作品のレベルもすごく高かったのです。

その要因は、助け合いが最初から行われていたからです。
通常、ミッションを与えられると、まずは自分の夢新聞を完成させることに集中します。
僕だったらそうしますもん。
で、自分が完了したら困っている人を助けに行きます。
普通、そうだよね?
でも、そのやり方だと助けに行った時は時間的に手遅れということが多いのです。

でも、そのクラスは「最初から」助け合いが発生していました。
その理由を担任の先生に聞くと「自分1人でできないことがある事を、互いに知っているから」と言いました。
つまり、マメにマメに助け合い、詰まりを解消していたんです。

マメに小さく創っていくと全体のアウトプットとスピードUPになるのだと痛感しました。

これも「助けて欲しい」が言いやすい風土のなせる技です。

助けを求める事は弱いこと、いけない事ではなく、全体では強いこと、良いことです。
社長には1人1人ではなく、全体を観る視点が求められるのだと考えます。

それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい!

 

「現在受付中のセミナー」

■脱人材不足!自発的な人財を集める採用術セミナー
「知名度が低いから」「小さな会社だから」…色んな理由が上がりますが、それは違うと思います。
小さな会社でも自発性が高い人財は集まります。
「求人広告には求職者が知りたい情報を書く」「その企業に夢を感じる」「既存社員が、採用と育成に関わる」の3つの条件で採用は改善します。
詳しくはこちらをご覧ください!
http://www.shijizero.jp/archives/4957

■指示ゼロ経営ベーシックセミナー
社内にイノベーションを起こすには、数パーセントのイノベーターの行動を全体に広げること。
そのムーブメントが起きる6つの要件を「実際に体験しながら」学びます。
座学ではなく指示ゼロ経営が起きる場を体験することができる面白いセミナーです。

東京開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/5095

大阪開催はコチラ
http://www.shijizero.jp/archives/4607

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている

組織の創造性を高める表彰制度 創造性を破壊する表彰制度

表彰制度を取り入れている会社は多いと思います。社員のモチベーション