*

脳科学が証明した、時間ではなく脳的な長生きの方法とは?

もう、2014年も残すところ2ヶ月となりました。
早くないですか?1年って。
誰かに聞いた話ですが、大人になると時間の経過を早く感じるそうです。
理由は、例えば10歳の子どもの場合、1年は生きた時間の10分の1ですよね?
40歳の大人の場合、40分の1。

本当か?って感じですが、あっという間に人生が終わることは間違いありませんからね。
やりたいことは全部やってから死にましょう(笑)

さて、今日は長生きの話。
って、別に健康情報をお届けするわけじゃないけどね。
でも、長生きの話(笑)

高名な脳科学者に、故・松本元さんがいます。
「愛は脳を活性化する」という著書があって、素人が読んでも理解できる良書なのです。
ま、脳科学の世界は日進月歩なので情報が古くなっている部分があると思いますが、それでも人生が変わる情報に出会えます。

gen

脳科学の話なのに感動します

その中で長生きの話が出てくるんですが、時間的な長生きではなく「脳的な長生き」という概念が紹介されています。

どういうことか?
簡単に言うと、長い時間生きた、と感じる生き方があるということ。
説明します。
例えば、色んな出来事が数ヶ月の間に凝縮したとします。
通常であれば、1年間に起きる出来事が3ヶ月間で起きたとします。
そうすると、脳はその3ヶ月間を1年間に感じるそうです。
それが「脳的な長生き」ということ。

つまり、刺激のある生活をすることが秘訣なのです。
多分ですが、それが「時間的な長生き」にも繋がるんじゃないかな?

人生は不思議で面白いですね。

長生き、しましょうね。

そして、人生を卒業するときに、「ああ、自分の人生は面白かったな〜」と思いたいですもんね。

色々チャレンジしましょう。

それでは素敵な週末をお過ごし下さい。

また明日!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分