*

夢よりも「自分がどんな人間なのか?」を知ることが大切

世の中には大きな夢を掲げ、計画を立て、本当に実現してしまう凄い人がいます。
僕の友人にもいます。
一方で、夢が途中で変わる人もいますが、こちらの方が圧倒的に多いと思います。
行動と修正の中で「観えてきて」が夢が定まるケースです。
 
まだ夢が定まっていない人は、夢を描くよりもまずは行動し、その中から「自分はどんな人間なのか?」を知ることが大切だと考えています。

人生は偶然の出会いから拓けていく

僕は夢新聞協会の理事長をやっています。
夢新聞とは、自分の夢・目標が実現した未来の新聞を自分の手で作るワークショップです。
未来の日付を入れ、自分の大活躍を「完了形」で表現します。
 
 
よく、夢は人に話した方が良い、紙に書いた方が良い、日付を入れた方が良いと言われますよね?
夢新聞でもこのスタイルをとっているのですが、真の目的は夢の実現ではなく「自分を知ること」にあります。
自分が何に憧れるのか?何にワクワクするのか?…自分の本質、性質を、夢新聞を書く中で探ることを目的にしています。
これまでに6500人以上が参加しましたが、まだ「自分が成るべき姿」に出会っていない…そんな方が9割以上です。
多くの方は夢が変わっていくと思います。
 
僕は、まだ定まっていない人は無理して定める必要はないと考えています。
無理して夢は持たない方が良いと。
なぜなら、定めてしまうことで「偶然の出会い」を逃してしまうからです。
提唱する「計画された偶発性理論」を提唱するスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によると、「キャリプランは意味がない」と言います。
教授の研究では、個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことで決まっていると言います。
 
要するに計画的にはいかず、右往左往するうちに、人やモノやコトとの偶然の出会いがあり、そこから人生が拓けるというわけです。
 
う〜ん、自分のことを言われてるようだわ(笑)
僕が今、指示ゼロ経営を提唱しているのも自分のライフプランではなく、そうせざるを得ない状況に追い込まれたからです。

自分の役割を信頼し行動すること

僕は指示ゼロ経営を提唱していますが、その理由は不人気業種の新聞店のスタッフがイキイキ・ワクワクと仕事をするにはどうすれば良いか?と考えた結果ですが、そもそも(継ぎたくなかった)新聞店を継いだのは、僕が24歳の時に父が急逝したからです。
継いだ時期は新聞業界の衰退期でしたから、なお、その必要性は高かったのです。
あのタイミングで継がなかったら指示ゼロ経営なんて考えなかったかもしれないし、もっと遅いタイミングで継いだら守りに入りやらなかったと思います。
 
もともと自由を大切にする質だったので、指示ゼロ経営は天職だと思います。
「計画された」偶発性理論のネーミングが分かるような気がします。
 
まだ夢が定まっていない人は、とにかく行動することだと思います。
偶然の出会いは行動なしには訪れませんからね。
 
そして、「自分には成るべきものがあり、それに近づいていく」と人生を信頼することだと思います。
それはきっと、薄々知っているのだけれど、脳で理解できる(言語化)できる類のものじゃないから認知することができなだけだと思います。
 
天命というものが本当にあるかどうか?なんて証明しようがありませんが、僕はあると信頼しています。
僕だけではなく多くの人がそれを信頼し生きています。
 
偶然の出会いの中には辛いものもあります。
どう見ても人生が悪い方向に進んでいくとしか思えない出来事もある。
でも、そうした事もきっと「運ばれていくための」出会いなのだと思います。
 
無理して夢を持たない。
自分には成るべきものがあると人生を信頼する。
行動する。
 
「あなたは、あなたが成るべきものに、きっとなれる」
僕の師匠とおばあちゃんに言われた言葉です。
 
夢よりも「自分がどんな人間なのか?」を知ることが大切なのだと思います。
 
ワクワクする事に積極的なあなたが大好きです!
それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい。
 
 

【現在受付中のセミナー】

■自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー
ワークを通じて、賃金が増えた喜びや、評価に納得しないといった体験をしながら最適な賃金制度を学ぶセミナーです。
昇給や賞与を計算するデータ資料が参加特典でつきます。
詳しくはこちらをご覧ください!
 
■脱人材不足!自発的な人財を集める採用術セミナー
「知名度が低いから」「小さな会社だから」…色んな理由が上がりますが、それは違うと思います。
小さな会社でも自発性が高い人財は集まります。
「求人広告には求職者が知りたい情報を書く」「その企業に夢を感じる」「既存社員が、採用と育成に関わる」の3つの条件で採用は改善します。
詳しくはこちらをご覧ください!
The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行