*

攻略する相手がいない、共感で顧客が勝手に増えるビジネス実例

これからの中小企業の1つのモデルだと思います

おはようございます。
日経セミナー2日目が無事終了しました。
販促ツールの作り方を、ワークを通じて習得する講座ですが、参加者の皆さん、本当に熱心で企画して良かったと思いました。

さて、今って、女性が元気だな〜と思います。
昨日のセミナーに参加してくれた彼女たちも超元気。
あ、昨日43歳の誕生日でした。
お祝いをしてもらっちゃいました!

IMG_5549
彼女たちの活動は本当に素晴らしく、それこそ「勝手に」拡大していっています。
これまでとは全く違う新しいビジネスの在り方、特に中小企業が新しい業態に進化するヒントを得たので、今日はそんな話です。
彼女たちは、以前にブログで紹介した「和っぴーにゃんこ」の活動をしている方です。

IMG_5548

和ぴにゃんはネコのぬいぐるみです

「和っぴーにゃんこ」とは、猫のぬいぐるみ。
この作り方を高齢者の方に教え、トレーニングを積んでいただくんです。
売り物として出せるレベルになったらそれを販売し、利益をみんなでシェアする活動です。

狙いは高齢者の方に社会と関わる悦びを感じて欲しいというもの。
こんなエピソードがあります。

病気で入院し闘病生活を送っていた方がいました。
闘病生活は孤独で辛いものです。

?そんな時にその方の友人が「和っぴーにゃんこ」をプレゼントしました。それから毎日、その方はにゃんこを触り、時に「寂しいよ、痛いよ」と自分の辛い気持ちを打ち明けて、闘病生活をにゃんこと共に戦いました。
徐々に元気になっていきました。
そして…元気になったその方がにゃんこで遊ぶ様子を写真に収め、「にゃんこが闘病生活を支えたんだよ」と作り手さんに伝えました。
「ああ、私が作ったにゃんこがこんなに立派に…」言葉に出来ない思いが湧き上がり、涙を流したそうです。

この活動、ものすごい勢いで広がっています。
広がった分だけ、ハッピーも創造されるし、収益も上がっています。

このモデル、勉強になりますよね?
よく経営の教科書に載っている「ミッションに集う」という話です。
主催者も和っぴーの作り手さんも、購入者も1つのものを目指す同志の関係になっていますよね?

そこには攻略する相手はいません。
ひたすら同志を集めるという活動だから、営業という感覚じゃない。
これまでのところ、作り手さんを育てる活動に集中してきました。
生産体制はある程度、整っています。

これからは和っぴーを販売してくれる方を募集しています。

思いに共感してくれる方限定ですがね。
って、なんで僕がこんな告知をしているかというと、僕も和っぴーの理念に惚れこんでしまった1人なんです。
作り手さんを育てるワークショップの告知を自社発行のニューズレターでしたところ、満員御礼になりました。

販売したいという方、興味のある方は、直接ウェブからお問い合わせください。
http://wappy-club.com

「米澤のブログを見た」と書いていただければ通じますよ!
あ、僕は自分のセミナーで使うために30体買いました(笑)

え?何に使うかって?

フフフ…ナイショです(笑)
それではまた明日!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」