*

【受付中終了】カリスマを目指すか?普通の人でもできる経営を目指すか?

自分の力、カリスマ性で組織をグイグイ引っ張るスタイルをとるか、課題解決能力の高い集団を育てるか?
経営者は選択に迫られる時があります。
どちらのスタイルでも会社が良くなればいいわけですが、僕がそうであったように前者(カリスマ性)が向いていない人は多いと思います。
また、ある時期まではカリスマ性で引っ張ってこれたけど、ある時に急にそれが立ち行かなくなったという人もいます。
2代目、3代目の中には創業者のカリスマと比較されて苦しんでいる方もいます。
 
今日は、指示ゼロ経営の基本…誰でも自律的な集団は創ることができる、そんな話です。

自律型組織は「つくる」ではなく「なる」もの

僕が15年間、指示ゼロ経営(自律型組織)を実践、研究してきた確信を持っていることは自律型組織は「つくる」ものではなく「なる」ものだということです。
そもそも自律型とは誰か外部の影響ではなく、自らの内部の力で動きます。
だから社長の力でなんとかしようとすると上手く行きません。
社長の仕事は創らずとも「なる」…そんな環境づくりだと考えています。
 
それは植物の育成に似ていると思います。
植物って気合で育つものじゃないですよね?
「おらー!」で育てば松岡修造さんは一流の農家になれるわけで(笑)
 
環境を創ること。
そして、それは特別コストがかかるものではないし誰にでもできると思います。
条件が整えば「なる」
 
僕は、夢新聞で子どもたちの集団が「目的に向かい力を合わせ、学び合い助けうチーム」に変わる瞬間を何十回も見てきました。
 
クラスにお邪魔し、子どもたちにミッションを与えます。
「制限時間までにクラス全員が1人残らず夢新聞を完成させる」と。
そしてやり方は全て子どもたちにお任せします。
席を立っても良い、教えてあげても良いし助けを求めても良いし教科書などを参考にしても良いから、みんなで何ができるかを考えて欲しい、そう伝えます。
そして「スタートしたら講師も担任の先生も何を聞かれても答えられない」と伝えます。
 
すると20分もすると自律的な動きが発生します。
 
IMG_9033
条件が整えば「100%」自律的な協働が発生する
これは講師の力ではなく集団をある環境に置くことで実現するものです。
 
大人の世界、企業の組織運営もまったく同じです。

自律型組織になる3つの要件とは?

子どもの学級も企業も、やることが違うだけでメカニズムは同じです。
「目的に向かい自律的に協働し成果を上げる」という意味ではまったく同じで、それは「ある条件」が整えば「なる」のです。
 
その条件とは、たった「3つ」とそれに付随するプラスアルファで実現します。
 
1、チームワークに対する真の理解がある
2、意義ある目的・目標を自分たちが参画して決めることができる
3、やり方を自分たちで決め実行できる
 
この中で社長にしかできないことは1のチームワークへの真の理解だけです。
チームは1人ではできないことをするために結成するものですよね?
企業が大きくなり始めた時は、仕事の量的に1人では無理で、そのために社員が必要でした。
いわば「手足」として必要だった。
それが現代のようにお客様の欲求が高度になってくると、その都度現場に指示を出すことが不可能になります。
社長が常に正解を示し続けることは難しい。
だから、その時、その場に応じて自分(たち)で考え判断し行動することが求められます。
それは手足ではなく「頭脳」として観ることです。
 
頭脳は指揮者だから、指示命令では動かず自分の意志で行動を決めます。
しかし、それを円滑に行うためにはチームワークが不可欠になります。
人には得意も不得意もある、だから頭脳同士(社員同士)が協働することでチームとして成果を上げることができるというわけです。
 
チームで成功すればみんなが得をする。
逆に「自分はできたからいいや」という人がいると、その人を含むみんなが損をする。
 
そのチームワークの本質を理解すれば、2と3は素晴らしい協働でできるはずです。
 
自律的な集団ができると、こんな経験ができます。
朝、社長が会社に来ると社員から報告を受けます。
「昨日、◯◯な問題が起きたんですが、みんなで話し合い、原因の解明は終わっています。で、Aさんがリーダーになり、BさんとCさんがお客様対応担当になり、みんなで作業工程の見直しをして解決と再発防止にあたっています。結果はまた報告しますね!」
 
嬉しいですよね?
 
カリスマを目指すか?課題解決能力の高い集団にするか?
後者を選ぶなら、適切な環境づくりをオススメします。
 
それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さい!
 

【指示ゼロ経営が機能する3つの要件を学ぶショートセミナー開催】

指示ゼロ経営ショート勉強会in大阪
「指示待ち社員が自ら動く社員に変わる」指示ゼロ経営になる3つの基本に絞った短時間セミナーです。
お申し込みは下記フォームからお願いします。

お名前
会社名
TEL
メールアドレス
メールアドレス(確認)
参加人数
お問い合わせなど

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人の心に響く言葉を使うリーダーは、どんな言葉を選んでいるのか?

組織開発とリーダーが使う言葉には大きな相関関係があると思います。 元気

上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない