*

他人事になっている社員が自分事へ変わる有効な方法

公開日: : 人材育成, 自己決定理論(SDT)

仕事、会社を社員が他人事に思っていると悩む社長は多いです。
何か問題が発生した時に我関せずと傍観を決め込んでいる。
売上が落ちているのに焦りもしない。
 
社長1人だけが焦り策を考える状況は辛いですよね?
 
今日は、そんな状態から抜け出すにはどうすれば良いか?ということを考えたいと思います。

投票に行った若者に起こった意識の変化

社員が他人事になっているからといって社長が1人で頑張ると逆効果になります。
頑張る社長に依存して、益々無関心になってしまうから。
そうすると他人事の悪循環が生まれてしまいます。
 
この状態から脱却するには、とにかく社員に関わってもらうことです。
「いや、それをしてくれないから悩んでるんじゃん」と感じるかもしれませんが、小さな事で良いから関わってもらうことが「脱他人事」につながります。
 
例えば、昨年、選挙権年齢が18歳に引き下げられました。
新聞社が行った、投票した若者への意識調査の結果は興味深いものでした。
その結果、投票に行ったことで政治に対する関心が高まったと答えた若者が多かったのです。
「関心があるから投票に行くのではなく、投票に行ったから関心を持った」ってわけ。
 
「行動は関心に火をつける」
 
これ真理だと思います。
touhyou
投票に行ったことで政治に関心を持つようになる
これと同じことを他人事になっている社員に当てはめることができます。

焦らず怒らず小さな行動を積み重ねてもらう

関わってもらうのは小さな事で良い。
例えば、僕が指示ゼロ経営を始めた頃の口癖は「どう思う?」でした。
僕が決めたことに対し意見を求めたのです。
その返答が「いいんじゃないですか?」という冷めたものであっても決して怒らない。
小さくてもネガティブでも立派な関わりだからです。
この質問も、繰り返していると段々とちゃんとした事をいう社員が出てきました。
 
否定的な意見が出た時はチャンスです。
「じゃあ、どういうのが良いと思う?」と聞き返すことができるからね。
 
内心ムッとしたけどね(笑)
 
関心があるから意見を言うのではなく、意見を言うから関心が出てくる。
最初は小さな関わりで良い。
焦らず積み重ねることが大切です。
 
やがて社長並みに会社を自分事と考える社員が育ってきますよ。
 
それでは今日も愉しく仕事をしましょうね!
 
また明日!
The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
経営は「自分の望み」を「みんなの望み」に昇華される営み

成長する事業かどうか?のモノサシの1つは「メディアが取り上げる」「

儲かる会社、社員の自発性が高い会社には「たくらみ」がある

企業の活動はここぞという時に、一気に波に乗ることが大切だと思います

自然界に矛盾はない。経営の歪は社長の「力づく」が生んでいる

「押してダメなら引いてみる」という名言があります。 自然

よく行動する社員を育てたかったら「失敗してもいい」と伝えよう

僕はセミナー講師として、参加者の多くが実践してくれることを望みます

アイデアを確実に形にするために、まず最初にやるべきたった1つのこと

何か新しいことを始めようとアイデア会議を行った。 「じゃ