*

社長が頑張っても社員は育たない。がんばっている仲間の姿が育てる。

社員を最も育てるのは上司ではなく仲間です。
いくら個人指導をしても良くならないのに仲間の行動を見たら一瞬で変わったなんて話はよくあること。
仲間の行動ほど影響力が高いものはない、良くも悪くもね。
上司が一方的に教えるのは限界があり、仲間同士で刺激しあい学び合う環境が大切です。
 
今日の記事は、個人指導に疲れている社長に読んで欲しいと思います。

なぜ彼女はこんな素晴らしい実践をしたのか?

先日、とても嬉しい事がありました。
朝、お客様からの電話が来ました。
「あの〜、◯◯地区の◯◯ですが、今朝ね、お宅の配達員が…ウチのクルマに…」
ここまで聞いて「ヤバ、ウチの新聞配達員がお客様のクルマにぶつけて、そのまま逃げたのか?」と思いましたよ(笑)
 
そうじゃなかった。
クルマの車内灯がつけ放しになっているのをメモ書きで知らせてくれたということでした。
「社長さんから配達員さんに伝えてあげてください」とのこと。
お客様、すごく感動していた。
僕はとても嬉しくて、すぐにそのスタッフに伝えました。
 
IMG_2336
 
とても素晴らしい実践です。
忙しい配達作業の途中で、わざわざメモに書いてポストに入れるなんて、なかなか出来ることじゃない。
というか、メモを持っていたということは、普段からやっているのだと思います。
お客様からお礼の連絡がある場合は表面化しますが、多くは僕の耳に入らないのだと思います。
で、僕が「ミサちゃん、すごいじゃん!と言ったら、彼女はこう言いました。
「いやいや、先輩がやっていることを真似しただけです」と。
確かに、同じことをやっている先輩はいますが、それを実践した彼女は本当に凄いと思いました。
同時に、スタッフの実践をみんなで共有することが大切なのだと、改めて痛感しました。

仲間の行動が徐々に全体に広がる仕組みをつくる

社員の行動は上司の指導だけでは変わりません。
自らの意志で「やる」と決めたと時にのみ変わります。
その決断に最も影響を及ぼすのが「仲間の行動」です。
 
だから、スタッフの実践をみんなで共有できる仕組みが必要です。
今回のメモの件は、アルバイト、パートを含む全スタッフが集まるミーティングで、僕が「こんな実践をしてくれた人がいます」と報告したのです。
これは別に、実践者を褒めているわけではありません。
むしろ、スタッフが褒められたと感じるのは危険だと考えています。
動機が僕に褒められることにすり替わる危険性があるからです。
あくまで、実践の共有が目的ですから個人名を出さずに事実だけを伝えます。
IMG_7731
 
この他にも、社内報やFacebookのグループページで共有していくこともできますが、直接声で伝えるのが一番効果的だと思います。
 
次に全員が集まる時は、僕は彼女のエピソードをみんなに伝えます。
それを聞いた仲間は、すごく刺激を受けるはず。
そして「自分もやろう!」と思う人が必ずいるはずです。
たった1人で良いから、そういう人が現れたら、またその実践を共有する…これを繰り返すことで徐々に伝染していくのです。
 
こうした自発的な行動は、集団全体に一気に広がることは稀です。
徐々に、でも確実に伝播していくものだと考えます。
だから、自発性の高い組織づくりはある程度の時間がかかるのです。
 
社員の行動に最も影響を与えるのは上司の指導ではなく、仲間の行動です。
仲間から学べる仕組みを創ることを強くオススメします。
 
それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!
The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている

組織の創造性を高める表彰制度 創造性を破壊する表彰制度

表彰制度を取り入れている会社は多いと思います。社員のモチベーション