*

「放っておかれる社長」が組織を活性化させる

忘年会のシーズンですが、企業の飲み会って、その会社の文化が如実に表れます。
特に、社員の自発性が分かります。
その場で社員さんが自発的に動いているか?って話じゃありません。
社員さんたちが「上を気にしていない」…ここに表れるのです。

上に気を遣って、社員がお酌をしている会社はマズイのです。

IMG_8470

上の目を気にせず、自由に発言できる、行動できる雰囲気はあるか?

「社員が社長のことを気にしていない」…社員が自分たちで考え行動するためには、社長の存在感は薄い方が良いのです。
それは、どうでもいい存在ってわけじゃないよ。
信頼関係はとても大切ですが、要するに怖くないということ。

社長の顔色を伺っていたら目の前の仕事に集中できない、自分で決め判断することができるわけがありません。

悪い例があります。
とある企業の忘年会は「長蛇の列」ができることで有名です。
僕も初めてその話を聞いた時は「バイキングにでも並んでいるのか?」って思った(笑)
実は、社長へのお酌の列なのです。
社長と飲みたくてお酌に行くなら良いけど、この会社はそうじゃない。
「お酌に行け!」と直属の上司から言われるそうです。

で、直属の上司もそう言うくらいだから、自分のところにもお酌に来ないとつまらないのです。
「バカじゃないの?」って感じですよね?

完全に主従関係ができていて、現場の社員さんは上の指示なしには動けない状態になっています。そのくせに、社長は「ウチの社員は言われないと動かない」なんて漏らしていました。

上の目を気にせず、自由に発言できる、行動できる雰囲気…良い土壌で自発的な社員は育つのです。

放って置かれている状態を楽しもう。

次は素晴らしい事例です。
先日、僕が参加した研修に、大阪にある、コスチュームの販売をしている会社の社員さんが10名ほど参加していました。
懇親会があったのですが、社長のNさんが遅れて参加しました。
僕の隣に座ったのですが、社員さんは「お疲れ様です!」と言い、研修の感想を少し伝えただけで、テーブルで話していた話題に戻りました。

何の話をしていたか?
自分の現場で抱える課題を真剣に話し合っていたのです。
あるテーブルでは趣味の話で盛り上がっていた。

で、社長は放っておかれている。

僕は、なんて理想的な状態なのだろうと思いましたよ。
社長が怖かったらこんな状態にならないからね。
1人ポツンと座っている社長を見て、僕は嬉しくなりましたし、社長もこの状態が理想だという事を認識していたようです。

自分たちの意志で物事を進めているからです。

人は、上に立つと、孤独と恐れ、不安を感じるようになります。
「自分 対 多数の社員」
「統制を効かせないと不安になる」

これは人間である以上、当然のことです。
でも、それに取り憑かれて支配行動を取ると、そこには共依存関係が生まれ、組織から活力が失われてしまいます。

「放っておかれている状態を楽しめる」

指示ゼロ社長になる、1つの登竜門と考えています。

影響力は薄いが存在価値の高い社長を目指しましょう。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

誰も縛らない、誰にも縛られないあなたが大好きです!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
物事はそもそもシンプル。シンプルに考える3つの秘訣

物事はシンプルに考えた方が上手く行くと言われますよね。 僕もその通りだ

人の心に響く言葉を使うリーダーは、どんな言葉を選んでいるのか?

組織開発とリーダーが使う言葉には大きな相関関係があると思います。 元気

上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当