*

誰かのように歌うくらいだった、最初から歌わないほうがいい。

「唯一無二」「無双」…そんな言葉が似合う存在になりたい。
僕はもうすぐ45歳になりますが、本当にそう思います。

40歳を「不惑」と言いますが、これまで積み重ねてきたものが開花する時期です。
積み重ねてきたものがあればの話ですがね。

開花ってオリジナルの領域なのだと思う。
20代で先輩から叩き込まれたものをマスターして、ひとり立ちし、そこから見えるオリジナルの世界です。

先日行ったレストランにこんなものが壁に貼ってありました。

IMG_1072

「誰かのように歌うくらいだった、最初から歌わないほうがいい。」〜ビリー・ホリデー〜

カッコいいよね?

「守破離」と言いますが、世の中には最初から「離」の人もいるのだと思います。
いや、もしかしたらビリー・ホリデーも積み重ねの時期があって、開花の領域に達したのかもしれません。
その上で、その領域に行かないのであれば価値がないと言いたいのかも?
そんな事を考えました。

自分が積み重ねてきたものは何か?
僕だけが語れる世界は?

そんなことを考えながら、今日は過ごしたいと思います。

ビリー・ホリデーはあまり詳しくないけど、YouTubeで見つけたカッコいい曲を!

Billie Holiday

「When You’re Smiling」

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」