*

無いものを探したって何も生まれやしないよ

最近、Facebookに「GET DOWN」という映画の広告が頻繁に出ます。

HIP HOPという音楽の誕生のストーリーを描いた作品みたいですが、そごくそそられるんだよね。

HIP HOPはお金がなく楽器が買えない黒人キッズたちが始めたアートフォーム。
ターンテーブル(レコードプレーヤーね)を2台用意し、音楽を途切れないようにかけてパーティを開いていた。
MCは盛り上げ役なんだよね。
で、ある日、ある人物が、曲の中のブレイク部分(ドラムとベースだけのシンプルな部分)に目をつけて、同じレコードを2枚使ってその部分だけを交互に繰り返したらしい。
そこにMCが、ブレイクに合わせ、その場にいる友人の紹介をしていたらラップになったらしい。

そんな成り立ちが好きなんだよね。

きっと、楽器が欲しかったに違いなかったはず。
でも、今あるものを工夫して使い楽しんでいたら新しい音楽のカタチができた。

ビジネス、いや人生全般に言える事だと思います。

さて、HIP HOPはパクリの音楽です。
自分が尊敬するアーティストの曲から音を抜いて新しい曲にする。
それに使われる超定番が大好きです。

これを知らないやつはHIP HOP語るなって曲ね!

Incredible Bongo Band

「Apache」

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
経営は「自分の望み」を「みんなの望み」に昇華される営み

成長する事業かどうか?のモノサシの1つは「メディアが取り上げる」「

儲かる会社、社員の自発性が高い会社には「たくらみ」がある

企業の活動はここぞという時に、一気に波に乗ることが大切だと思います

自然界に矛盾はない。経営の歪は社長の「力づく」が生んでいる

「押してダメなら引いてみる」という名言があります。 自然

よく行動する社員を育てたかったら「失敗してもいい」と伝えよう

僕はセミナー講師として、参加者の多くが実践してくれることを望みます

アイデアを確実に形にするために、まず最初にやるべきたった1つのこと

何か新しいことを始めようとアイデア会議を行った。 「じゃ