*

社員にヤル気や積極性がない時は、本人ではなく環境を疑ってみる

公開日: : 最終更新日:2016/12/15 人材育成, 組織育成

社員にヤル気がない、自発的に動かない、積極性に欠ける。
そんな時は、社員を疑う前に会社の環境を再点検した方がいいです。
なぜなら、人はそもそも積極的で自発的なはずだからです。

勿論、全ての人がそうだとは言いませんが、あなたの会社にそういう人だけが集まるなんてことはあり得ない。

本来そうなのに、そう行動しないのは環境に問題があるからです。

社員ではなく環境に問題があることが多い

植物で例えると、花が咲かない時には真っ先に環境を疑いますよね?
気温や水、土などに問題がないか考えます。
人もそれと同じです。

では環境を再点検しましょう。
まず、ミーティングなどで社員が積極的に発言しないという現象があったとします。
本来は積極的なのに、どうして発言しないのか?

もしかしたら、発言を馬鹿にされる、変なことを言ったら怒られる環境になっている可能性があります。
もしそうなら、普通の人は自分を守るために「発言を控えたほうが安全だ」とダンマリを決め込むに決まっています。

a

会議中に、聞き逃したことがある場合、普通、仲間にそっと聞きますよね?
その時に「私語は慎め!」なんて怒られたら、分からない事をそのままにしてしまう。
だって、その方が安全だからです。
そういう環境をつくっておきながら、部下が理解していないのを「ヤル気がない」と咎めるのはどうかと思います。

「失敗は許さん」という環境下では、無難を選ぶのが賢い選択だから思い切った冒険なんてするはずがありません。

部下を疑う前に、環境を疑うとはこういうことね。

安全な場であるかを疑ってみる<

それではどういう環境が理想かについて考えてみます。
まず、部下の提案は、基本的に「やってみよう!」というスタンスを取ることです。
で、「責任は私がとるから、思いっきりやってみな!」と言うことです。
社員は、会社をひっくり返すような失敗は、基本できません。
ほとんどの場合、上司が責任を取るような事態にはなりません。

ミーティングでは「話しやすい環境はみんなで創ろう」という共通認識をつくることです。
「もし自分が発言する時に、まわりがシラケていたり、馬鹿にしたら何も言えないじゃん」とアナウンスをすることです。

部下をみんなの前で褒めると、それを聞いた別の社員が「何、いい子ぶってんの?」という可能性があり、その可能性がある以上、褒められる立場になりたくないと思うのは当然です。
そうすると、褒められるような事をしない方が安全と思ってしまいます。
だからみんなの前では褒めないようにする。

つまり、積極性や自発性は発揮される環境とは、ひとことで言えば「安全な場」ということ。

そういう環境になっていないのに、積極的でない原因を部下にあると責めても、全くの筋違いです。
何ら解決になりません。

「人はそもそも積極的で自発的である」
これを原則に、環境の方へ疑いの目を向けることが大切だと考えています。

これができると社長はすごく楽になりますよ!

それでは今日も素敵な1日を!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
攻略ではなくご縁で大きく稼ぐ。商売の真髄を見た。

「ご縁を大切にする」…商売の世界では大昔から言われているこ

仕事中に結果を意識すると結果は出ない。結果を意識する時間は別で取ろう

スポーツには「練習時間」「作戦を練る時間」「試合時間」があります。

どんな地味な仕事にも「愉しみの種」がある。それを開花させよう

「好きなことを仕事にする」…そんな言葉をよく耳にします。

【受付中】給与・賞与の決め方と出し方4つのポイント 〜社員の自発性と創造性を上げるために〜

人は何のために働くのか?…動機は人それぞれですが、全員に共

【受付中】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー

自発性と創造性が高まる賃金制度の構築セミナーを開催します 賃金、