*

社員の自発性と責任感を高めには7つの事を自分で決めてもらう

「社内で一番、自発的なのは誰?」と問われれば、多くの人が社長だと答えます。
意識が高いのは?という問いでも同じです。
ほとんどの会社がそうだと思います。

でも「その理由は?」と問われると明確に答えられない事が多い。
「選ばれし人間だから」…んな訳ないよね?(笑)

実は、社長と社員の違い考えることで「人が自発的になる要件」が浮き彫りになってきます。
今日はそのうちの1つ「自分で決め行動し、結果を受け入れる」という事について考えたいと思います。

社員が自分で決められることはどのくらいあるか?

指示ゼロ経営には「人は自分で決めると自発的になる、責任を持つ」という原則があります。
社長が社内の誰よりも自発的なのは、自分で決められることが多いからです。
同時に、自分で決めたことの結果を自分で受け入れることで責任を持ちます。

で、自分で決める=仕事の意思決定には次の7つがあります。
「何をやるか?」「どんな出来映えでやるか?」「いつまでにやるか?」「どのようにやるか?」「誰がやるか?」「誰とやるか?」「いくらでやるか」

こんなもんでしょ。

社長であればこれらを全部、自分で決められるはずです。
じゃあ、社員さんはいくつ決められるでしょうか?

会社によってはゼロなんてところもあるかもしれません。
全部、上司の指示下で行っている。
「どのようにやるか?」だけ社員に決めさせている会社も多いです。

圧倒的に自分で決められる事が少ないのです。

これでは自発的になりようがありません。

だから自分で決められることを増やしましょう、という話です。

自ら決め、その結果を自分で受け入れることで成長する

そうすると「そんな重要なことを勝手に決められたら、たまったもんじゃない」と言う人がいます。
確かに怖いですよね?
だから、重要な部分は自分で決めて、やり方だけを任せるというケースが多くなるのです。
でも、それで社員が納得するか?って話です。
やっぱり決めるなら1から決めたいというのが人情だと思います。

会社が指示ゼロ経営になると、7つの意思決定を社員が自分たちでできるようになります。
弊社は、多額のコストがかかる場合を除いてそうなっています。

そうなるとものすごい自発性を発揮しますが、それが怖ければ「決定に参画する」という形でも良いと考えます。

要するに、決定に自分が参加したという構図です。

例えば、弊社では「お客様と良好な人間関係を創る」という課題がありました。
その課題を社員と共有し、何をやれば関係性が創れるか?をミーティングで話し合います。
もう、この時点で僕は「何をやるか?は何でもいい」と思えてしまいました。

だって、要は目的を達成すれば良いわけだからね。

何をやるか?が決まると、それ以外も決まってきます。
コストもだいたい予測がつくので、社員に決めてもらうことにしました。
ただしケチるところはケチれよとだけ言います(笑)

結果、気付いたからほぼ全てを社員たちが決めるということになった。

自分で決めると人のせいにはできません。
結果を受け入れるようになり、それが次の成長につながります。

やってみると、そんなに怖くないから自己決定を強くオススメします!

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人の心に響く言葉を使うリーダーは、どんな言葉を選んでいるのか?

組織開発とリーダーが使う言葉には大きな相関関係があると思います。 元気

上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない