*

今、この瞬間に人に喜ばれる行動ができる人はカッコいい

今、この瞬間に人に喜ばれることを考え行動できる人はカッコいい。
先日、そんな事を考えた出来事がありました。

業界の大先輩、堀川さんとはもう21年のお付き合いをさせてもらっています。
御年65歳、体育会系で曲がったことが大嫌いな方で、何度も説教をされました。
頑固でうるさいオヤジなのです。

仕事のことは何も話さないのですが「生き方」「在り方」に関しては言葉ではなく行動で教えてくれました。

先日の結婚式でも。

結婚式は社交の場でもあります。
先日も業界関係者が何十人も集まり、披露宴は酔っ払ったオッサンたちの折衝に場になっていました。
それは悪いことじゃない。
祝福の気持ちを忘れさえしなければ。
でも、つい忘れちゃうんだよね。仕事上の立場で来ている場合は特に。

さて、披露宴のクライマックス、両親への手紙を読み花束を渡す場面になっても一部のテーブルが騒がしかった。
まわりの人がちょっと軽蔑の目を向けていました。
正直、僕もイラッとしました。

その瞬間。
隣りに座っていた堀川さんが、背筋をピンと伸ばして立ち上がりました。
最高の敬意と祝福の思いを込めて花束贈呈に目を向けていました。
その姿を見たまわりのオヤジたちは粛然としました。

IMG_0913

どう見ても普通のオッサンですがすごい人なのです

堀川さんの友人からこんなエピソードを聞きました。
娘さんが小学生か中学生の時の水泳大会での話です。
娘さんは足に障がいがあるそうですが、がんばって大会に出ました。
ぎこちない動き、でも一生懸命に泳いでいたそうです。

しかし、途中で足がつってしまった。
水中でもがき始めた…

次の瞬間…
服を着たままプールに飛び込んだ人がいました。
堀川さんです。
まわりの目なんかまったく気にせず、娘のもとに力強く泳いで行き、優しく抱きかかえたそうです。

カッコいいオヤジだよね。

気持ちを行動で示せる人はカッコいい。
今、この瞬間に喜ばれる行動をとれる人はカッコいい。

僕もそうなりたいと思いました。

さて、結婚式の終わり、僕が「やっぱ堀川さんは凄いや!」と言ったら、「今度、お前に説教をしなきゃいけないことがある」って言われました(笑)

怖いよ〜(笑)

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【東京開催】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー

賃金、賞与の出し方で社員のヤル気と自発性は大きく変わってきます。 報酬

危機感が足りない社員に、健全な危機感を持ってもらうには?

「社員に危機感が足りない」…そんな苛立ちを感じている社長は多いと思いま

硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて