*

五輪で選手が流す涙は神の領域…「!」だと思う

リオ五輪が盛り上がっていますね〜!
僕は普段からスポーツ観戦はしない方なんですが、こと五輪に関しては例外です。
夢中になってしまう。
超人的な肉体、高度な精神、超絶な技能…人間の無限なる可能性を見ることができます。

でも、五輪に感動するのはもっと違う次元のような気がします。

「命の立ち上がり」

技の素晴らしさよりも、選手たちが命を燃やす姿に感動するのだと思います。
だから負けた姿にも感動するんだよね。

僕は子どもの頃、勝利して涙を流す選手の気持ちが分かりませんでした。
「嬉しいのに何で泣くの?」って。

「喜怒哀楽」は人間の領域で、あの涙は神の領域だと思います。

負けて涙を流す時も同じだと思います。

生命が震えている。

それに観る側の命が共鳴して感動するのだと思う。

五輪を観て、選手たちに感心することはありません。
評論する気持ちにもならない。

言葉ではなく「!」だけ。

そんな「!」はどんな人にもあると思うし、それを普段から感じる感性が欲しいと思います。

「立ち上げる生命」

まだしばらく愉しめそうですね。

僕が大好きなブラジル人アーティスト「セルジオ・メンデス」の土臭い曲で五輪観戦を盛り上げたいと思います。

Sergio Mendes

「Magalenha」

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
勉強熱心は良いことだが、学んだ知識に縛られ発想が乏しくなっていないか?

学ぶことは人生を、ビジネスを豊かにしますが時として学ぶことでバカになる

人は善良で真面目ゆえに会社を機能不全にしてしまう

よく「仕事が終わったら次の仕事を探せ」と言いますよね? 就業中は暇な時

何度言ってもミスをする社員が一緒で変わった「ある情報」とは?

誰にでもケアレスミスはありますが、現場のミスは顧客離れに繋がるので、で

人間関係の摩擦に「上手に折り合いをつけ」成果を出せるのがプロ集団

職場に人間関係の摩擦はつきもので、避けることは難しいと思います。 和気

小学6年生の少年から学ぶ「あえて他人と違う道を選ぶ生き方」

今、そしてこれまでの人生で何かに熱中した経験は誰にもあると思います。