*

僕の夢は大したもんじゃない。でもそれで良いのだ。

僕にはちょっとした夢があります。
ワールドビジネスサテライトやNHKのクローズアップ現代にゲストで出演することです。

アナウンサー:「今日は◯◯でご活躍の米澤晋也さんをお招きしています」
アナウンサー:「こんばんは」
僕:「こんばんは」(ちょっと低い声で)

これが夢なのです。
バカバカしいと思った?

でも、夢なんてこんなもので良いんですよ。
で、「◯◯で活躍」の内容はなんでもいい。

指示ゼロ経営でも良いし、夢新聞でも良い。
と思っていたところ「もしかしたら夢じゃないかも?」となってきまたんです。
夢新聞の最新コンテンツの「ビジネス版夢新聞」です。
企業の未来を新聞にするワークショップです。

昨日、開発メンバーと第2回目のミーティングを行いました。

それぞれが卓越した専門領域を持っていて、すごく面白いものになりそう。

「企業のビジョンがものすごく魅力的になる」
「社員さんにとってビジョンが『会社のもの』じゃなく『自分たちのもの』になる」
「社員さんがチームワークの大切さを肌で感じる」

ざっとこんな効果があります。

「こんばんは」
「こんばんは」(ちょっと低い声で)

夢じゃないかも?

さて、その時にBGMでかけて欲しいのはこんな曲。
番組イメージと違うけどね(笑)

BOBBY COLE

「A Perfect Day」

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
社員に檄を飛ばし始めたら、会社は危ないと思った方が良い

檄を飛ばすとか発破をかけるとか、今の時代、そんなものはリーダーの仕事じ

人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん