*

自由な発想を手にするためには既存のジャンルを捨ててみること

先日、親友と話しをしていて「人は既存のカテゴリーにはめて物事を考えるのが好き」という話になりました。

どういうことかと言うとね、例えば、音楽を聴いた時に「これってJAZZ? SOUL?」ってジャンルに当てはめて考えたくなるってこと。
音楽が好きで詳しい人ほどそうなりやすいです。

指示ゼロ経営セミナーでも、質問で「これって権限委譲という事ですか?」とか「フラット経営ですよね?」とか質問を受けます。
勉強をしている人ほどそうなる傾向があります。

僕もそうです。
もっと自由な視点を持ちたいと思います。
指示ゼロ経営は今、最高のパートナーと共に、進化を遂げる時期に来ています。

そういう意味で、僕はJAZZが好きなのかもしれません。
JAZZって「これのどこがJAZZなの?」っていう曲が突然変異的に誕生します。

大御所、ハービー・ハンコックが1980年代にリリースした「Rock it」という曲は、変態すぎてJAZZファンはびっくりしたと思う。
大御所自らJAZZの自由さを夜に問うたように僕は感じました。

PVもすごく変態的ですよ。
無機質、アシッド、不気味、ユーモア…そんな要素満載です。

見てみて!

Herbie Hancock

「Rock it」

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
相手のことを知り尽くさないと「たくらみ」はできない

最高のサービスとは、相手に「そうきたか!」という驚きを提供できるも

新プロジェクトを成功させるために、初期段階でやるべき2つのこと

仕事は結果がすべてです。 だからこそ、そのためには過程を

【受付中】指示ゼロ経営ショートセミナー in 大阪

【指示ゼロ経営って何?】~指示待ち社員が自分で考え動く社員になる~

経営は「自分の望み」を「みんなの望み」に昇華される営み

成長する事業かどうか?のモノサシの1つは「メディアが取り上げる」「

儲かる会社、社員の自発性が高い会社には「たくらみ」がある

企業の活動はここぞという時に、一気に波に乗ることが大切だと思います