*

徳のある経営とは徹底的に得を追求した形である

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 感性社会の経営, 日常の気付き

「得」と「徳」は非常に綿密な関係にあります。
「得」を体系的にまとめ概念化したものが「徳」なのだと僕は考えています。

だから、よく言われる「徳のある経営」とは結果的に最も得をする形なのです。

今日は、得をしたければ徳を創りだそうという記事を書きますね。

経営者は得をしたくて経営をしています。
でも、その実現のためには他人の得を考えないといけない。
社員の得、お客様の得、それ以外の関係者の得を。

例えば、お客様にどんな会社から買いたいか?と問えば、自分を幸せにしてくれる会社と答えるはずです。
まさか、営業熱心な会社とは言わないでしょう。
特に、何でも自分で調べられる自立した人が多い現代では。
お客様に喜ばれるという「徳」を追求すると得をします。

また、社員に「どんな会社で働きたいか?」と問えば、自分が幸せになれる会社と言うはずです。
社員が幸せになるという徳を考える会社、社長が得をします。

社員だってそう。
幸せに生きるためにはお金が必要ですが、お金は使って初めて価値が生まれますので「その先」の方が大切だと考えます。

家族と豊かな時間を過ごしたい。
趣味を充実させたい。
親孝行をしたい。

「その先」にあるものに徳がある人は、多くの人に支えられるから結局、得をします。

関係者の得を実現することが、自分の得を実現する最も良い方法であり、それが「徳のある経営」です。

損得の話は「徳」じゃないと考えがちですが、徳と得は密接な関係にあるのです。

徳の話って、どちらかと言えば道徳的で分かりづらいから、得の話から入った方が良い
僕はそんな風に考えています。

それでは素敵な週末をお過ごしください!

また明日。

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
どんな地味な仕事にも「愉しみの種」がある。それを開花させよう

「好きなことを仕事にする」…そんな言葉をよく耳にします。

給与・賞与の決め方と出し方4つのポイント 〜社員の自発性と創造性を上げるために〜

人は何のために働くのか?…動機は人それぞれですが、全員に共

【受付中】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー

自発性と創造性が高まる賃金制度の構築セミナーを開催します 賃金、

成果を上げる集団になるための最初の一歩はこれだ

人の集団は、1人1人の知識と経験を集結すれば相当な問題まで解決でき

人は生まれつき善と観るか?悪と観るか?…繁栄の礎を創る大事な視点

「性善説か?性悪説か?」…人間にとって永遠のテーマだと思い