*

勝手に社員の自発性が育つ仕事に変えてしまう

昨日はマーケティングのセミナーを行いました。

実は、先月行った指示ゼロ経営経営セミナーと同じ主催者の定例セミナーでした。
マネジメントとマーケティング、一見関係ないように思えるかもしれませんが、関係大ありなのです。

そもそも、何故、指示命令をしなくても社員が動くのかと言えば「人は楽しいことであれば、言われなくても動く」という原則があるから。
当たり前の話ですよね?

だからマーケティングを楽しく成果の上がるものにしようという話です。
販売に携わる人なら誰でも経験があると思いますが、売り込みをするとお客様に嫌われます。
そして「嫌な顔をされてメゲていては販売は務まらない」なんて激を入れられた経験もあると思います。

果たしそうか?…僕はそう考えています。

昔はそれでよかったと思います。
成長期の波に乗って「売れば売れた」時代だったから、1人や2人に嫌な顔をされても次があった。
お客様は無限にいて、購買意欲も無限にあった。

でも、今は違いますよね?
欲しいモノが特段なく、何か買い物をする際には自分の手元で調べられる時代ですから、売り込みを非常に嫌います。

お客様に嫌われることをしたら、仕事が面白くなくなくなるばかりか成果も出ない。
そんな時代には「選ばれること」が成功の鍵を握ります。
こちらから売り込むのではなく、お客様から近づいてくれる設計が必要になる。

僕のセミナーは参加型なので、ほぼ10分に一度はグループワークが入り、脳をとことん使います。

インプットとアウトプットを繰り返しながら学んでいきます。
そして、最後にはグループで協力して1枚のチラシを制作します。

IMG_9455

チラシづくりを通じ協働・共創…「三人寄れば文殊の知恵」の指示ゼロ経営を体験できるようにプログラムしてあります。

参加者の方はみんなクリエイティブで、すごく楽しんでくれました。

指示ゼロ経営の基本は「環境づくり」にあります。
社員を教育して変えようとするのではなく「勝手に自発的になる」そんな環境を整えていきます。
そしてそれこそが経営者の重要な役割だと考えます。

一度きりの人生、思う存分仕事を愉しみたい、豊かな成果を上げたい、そんな事を考えたセミナーでした。

それでは素敵な週末をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている

組織の創造性を高める表彰制度 創造性を破壊する表彰制度

表彰制度を取り入れている会社は多いと思います。社員のモチベーション