*

彼には実在する人物というリアリティがない

僕は今、沖縄に来ていてホテルのラウンジでブログを書いています。
昨日の朝4時に出発して、午後一で夢新聞、夕方から指示ゼロ経営セミナーを行いました。

さて、テレビをつけると「あの人」の訃報が報道されています。
その人は、紫のイメージをまとっています。
毒々しい。
私生活は全く見えず、不思議な噂が流れる。

細い体なのに100キロのバーベルを上げる。
寝ない。
食事はワインだけ…

こうした噂がまことしやかに聞こえる。

自分の名前を突然、記号にして世間を困らせたこともありました。

僕が大好きなプリンスが突然亡くなりました。
ビックリはしたが悲しい気持ちにはならなかった。
なぜなら、本当に実在する人物というリアリティがないから。
東京ドームでのライブに行きましたが、遠くに見える人物が本人であるという実感さえない。

ミステリアス。
来日ライブで演奏した曲で追悼したいと思います。

Prince

「Cream」

 

あなたのようなアーティストは2度と現れないと思います。

R.I.P

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
商売を「喜びの循環」の視点で観るとやるべき事が見えてくる

商売は利益ばかり追っていると儲からない、人の喜びを追求すると永く繁栄す

これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている