*

どんな事があっても自分達で課題を見つけ解決出来る組織

1人1人を見れば、得手不得手があるしデキる人、そうでない人がいますが、彼らが1つの目的に向かい力を合わせた時に、全員が出来るようになる。
チームワークの凄さはここにあると考えます。

僕は今日、名古屋で夢新聞パートナー講師のフォローアップ講座で「アクティブラーニング」を学びます。

夢新聞は、自分の夢が実現した未来の新聞を書くワークショップです。
今日までに全国4300人以上、子どもからシニア世代、少年院の若者まで、たくさんの方が参加してくれました。

IMG_6440

1人1枚の夢新聞を完成させるのですが、現在のワークショップは「アクティブラーニング」を全面的に取り入れています。
教育は「教え、育む」という講師に主体がある学習形態が主でした。
アクティブラーニングは「学修者が、教わり、育つ」と主体が180度変わります。

僕たちは教員ではないので教える事、クラスをまとめることが苦手なのでこの手法を導入しました。

夢新聞を完成させることが目的ではなく、クラス全員が完成することをミッションに掲げ、子どもたちが自分たち主体で運営する「協働」の学習が目的です。

夢・目標は1人で実現することはできない。
誰かの支えが必要ですが、支えられるためには自らも支える必要がある、そんな事を学ぶには、とても良いワークショップだと思います。

企業も同じだと思います。
1人1人を見れば、得手不得手があるしデキる人、そうでない人がいますが、彼らが1つの目的に向かい力を合わせた時に、全員が出来るようになる。

どんな事があっても自分たちで課題を見つけ解決出来る組織は強いと思います。

さて、夢つながりで、名古屋までの車中、こんな曲を聴いています。
ノリノリのジャズ・ファンク!

THE BRAND NEW HEAVIES

「Dream Come True」

 

夢新聞、ますます広がっていきますよ!

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
商売を「喜びの循環」の視点で観るとやるべき事が見えてくる

商売は利益ばかり追っていると儲からない、人の喜びを追求すると永く繁栄す

これからはキッチリとしたカタチのない「フローな経営」が上手くいく

これからの時代の経営は「できるだけカタチをつくらない方が上手くいく」と

共に和を創る会社を目指そう

世の中には様々なノウハウがありますが、それを取り入れ成功する会社とそう

僕が高校生にアドバイスした、強烈な管理下で自由を手にする思考

僕のブログは経営者、経営幹部に向けた記事が中心ですが、結構、社員さんが

賃金に「◯◯手当」といった成果報酬をつけない方が良い理由

社員の賃金に「◯◯手当」といったインセンティブ(成果報酬)をつけている