僕がアナログに囲まれて生活している理由

僕は、毎日ブログを更新していますが、それだけでデジタルに強い人と勘違いされます(笑)
とてもアナログ人間で、音楽のメインはいまだにアナログレコードだし、カセットテープはいまだに現役だし、テレビは昔ながらの、サザエさん宅にあるようなものを改造して使っています。

IMG_6672

IMG_7917

IMG_2565

出張先のホテルの部屋で最新のテレビを見ると、あまりのキレイさに驚いています。

DVDプレーヤーはあるのですが再生専用で、我が家の辞書には「録画」という言葉がありません。

だから録画するときは、iPhoneをテレビにかざし撮っています(笑)
ある意味デジタルか…(笑)
というか腕が疲れます…

子ども達が小学校高学年の時に、「友だちから聞いたんだけど、DVDで録画ができるって本当?」と興奮気味に語っていたのを覚えています。

玄関の鍵もデジタル時代なのに、ネジ式のクルクルと回すやつです。

アナログへのこだわりが強いわけじゃなく、デジタル化に乗り遅れたのです。
でも、アナログ生活に慣れると、徐々にその魅力が分かってきます。

「身体感覚的」

これが魅力だと思います。

今日は、僕が持っているアナロレコードの中でも「これは絶対にアナログで聴いて欲しい」という曲があるのですが、ユーチューブでご紹介します(笑)

デジタルって便利だわ。

ターンテーブルが回っているところを想像しながら聴いてみて。
すごくロマンチックな曲だから。

Roberta Flack

「The First Time Ever I Saw Your Face 」

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket