*

もうお客様を攻略するという発想は通用しない

毎年この時期、僕は地元幼稚園の卒園映像をつくるボランティアをやっています。

子どもの人生に最も影響をおよぼす3年間、その思い出を素敵に演出できることが嬉しい。
いつまで続けられるか分かりませんが、出来る限りがんばりたいです。

さて、幼稚園の保護者の方と打ち合わせをしていて、面白いものを紹介してくれました。
ベネッセってあるでしょ?
「こどもチャレンジ」で有名な教材の会社ね。

幼稚園役員の方に聞いたら、「こどもチャレンジはみんなやっている」とのこと。
「みんな」ってどの程度なのか分かりませんが、ざっくり「みんな」と言えるくらい普及しているんですね。
人が購買を決める理由で一番多いのは「みんながやっている」です。
目新しいものに飛びつくチャレンジャーは全体の5%ほどだと言われています。

だから、みんながやっているという状態を確立すると、ものすごく強いわけです。

こどもチャレンジがその状態。

今はどうだか分かりませんが、ウチの子どもが小さかった時はベネッセからDMが届きました。
「どこで調べたんじゃい?」って感じですが、名簿会社から入手しているのです。

同社は昨年、顧客リスト流出の問題で世間から叩かれました。
それがあってかどうかは分かりませんが、多分、マーケティングの発想を変えたのではないかと思います。

それが保護者の方が教えてくれたこれです。

IMG_8897

これ、すごく気の利いたサービスなんです。

卒園式、卒業式って謝恩会がありますよね?
通常、PTAが企画をしますが、みんなどの様に運営していいか分かりません。
そこで同社では運営マニュアルなるものを希望者に無料で配っているのです。

売り込む営業が限界に来ている時代です。

お客様を攻略する発想はもはや通用しない。

売る前にやるべきことがある。
それは好感を持ってもらうことです。

まずはギブが必要。
しかも相手が望むことを。

攻略の匂いが強い、ダイレクト・マーケティングの会社がこういう活動を始めたというのは時代の変化を感じさせますね。

さて、これから、幼稚園の役員と打ち合わせです。

どんな映像になるか楽しみです。

それでは素敵な週末をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分