*

社員同士が学び合う仕組みを創ると組織の成長は加速する

rasen

「組織力が底上げされる」
そんな表現をしますが、それは本当に起こることだと実感しています。
組織にはデキる人も、そうでない人もいます。
デキる人だけを集めても、その中からデキない人が出ちゃう。
逆にデキない人を集めると、その中からデキる人が出る。

集団って不思議ですよね。

底上げされるというのは、相変わらずデキる人とそうでない人がいるのですが、全体のレベルが上がることを言います。

そうなるためには、社員同士が学び合い、刺激し合う関係になることだと考えています。
そして、それが起きるには、チームが1つの目的に向かうという構図が必要だと。

みんなの知恵は常識の壁を破壊する

底上げの例はスポーツの世界ではよく起こります。
例えば、陸上の100メートル走。

昔、誰か偉い学者が「人間が100メートル走で10秒を切ることは不可能」と言いました。
偉い人の言葉は重みがありますから、みんなそれを「基準」にしてしまいます。
すると、本当にそうなる。

しかし、アメリカの「ジム・ハインズ」という選手が1968年に9秒95という記録を出した瞬間に、みんなの観念が崩れ、その後、10秒切りが続出しました。

「日本人は大リーグでは活躍できない」
そんな都市伝説もありましたが、今では多くの選手が渡米し活躍しています。

「デキないと思ったらデキない」
「デキると思えたらデキる」

これは成功哲学の定説ですが、それを促すのがチームの力です。
チームの中でデキる人がいると、まわりの人も「デキるが常識」となり、続々と後続者が誕生するというわけです。

学び合い人材育成のスタンダードになる

ということは、社員の素晴らしい実践を共有して、みんなが見れる環境づくりが大切になります。
例えば、僕は、セミナーを行うと必ずFace bookのグループページに招待します。
先日も、参加者が実践をUPしてくれましたが、それを見た人はどんなことを思うでしょうか?

al1

「自分でもやってみよう」
「これなら自分にも出来る」
「これは凄い」
「パクっちゃおう(笑)」

様々なことを感じると思いますが、僕の狙いの1つは、誰かの実践をみんなの常識にすることです。

社内でも同じで、僕は社内報で社員の実践を毎月紹介しています。
意外と、社員は仲間の実践を知らないものです。
それを知る効果は想像以上に大きいと思います。

社員が行動を起こせない原因は、やり方を知らないか、腰が重いことが多いと思います。
その両方を解決するには実践の共有が一番有効だと考えます。

社内の誰かが常識を変え、それがスタンダードになる。
時間の経過とともに成長が加速する組織になると考えます。

教えるのではなく間に合う。
これからの人材育成のスタンダードになる、そう考えています。

それでは素敵な1週間をお過ごしください!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分