*

「上手になると下手になる」伝える技術には罠がある

maiku

挨拶って、表現力が試されると思う。
あ、「おはよう」とかの挨拶じゃなくて、みんなの前でする挨拶のことね。

僕も挨拶をする機会が多くて、実はあまり得意じゃないし結構プレッシャーなのです。
だって、挨拶を楽しみにしている人なんていないじゃないですか?
だいたい下を向いて、早く終わるのを期待しているもんね。

アウェー感満載の中で、上手な人は人の心を惹きつけています。

社長は、社内外問わず、挨拶をする機会が多いわけですが、そこで人の心をつかむには?ということを最近考えています。

形式だけの挨拶は何も印象に残らない

話の展開、事例の出し方、比喩の技術、表現力…
色々と要件はあるのですが、僕は「自分の気持ちを伝える」ことが基本だと思っています。

以前にある会合で、挨拶が「技術的に」上手な方がいました。
でも、心に残らない。
「上手だった」という印象だけで何を言ったのか覚えていないのです。

「え〜、みなさまのご努力、と言うものにですね、え〜、大変、感謝したいと、お〜、かように思っている次第であると、お〜、言うことでございます」

分かります?こういう挨拶ってオヤジ達って得意じゃないですか?
あ、僕はオヤジじゃないって言い方しちゃった(笑)

形式は上手、でも感謝の気持ちが伝わってこない。

「本当にありがとうございました!嬉しいです!」の方が伝わりますよね?
ていうか、本当に感謝している時って、シンプルな言葉になると思います。
逆に、気持ちがない時に、シンプルな言葉を使うと、いかにも気がないってバレちゃうんだよね(笑)
それをバレなくするのが形式なのか?と邪推してしまいましたわ(笑)

挨拶も、プレゼンも、最後は人間力なのだと思う

一方で、僕はある機会に小学5年生の女の子の挨拶を聞きました。
その子は東北で生まれ育ち、東日本大震災に遭いました。
全国の小学校が、その子が通う小学校を支援してたそうです。

具体的な支援はこう。
元気の象徴である「ひまわり」の種を全国の小学校が、彼女が所属する「ひまわりプロジェクト」から譲り受けます。

それを育て、秋に種を採取します。
種は爆破的に増えますよね?
それを彼女の学校に送り、学校中をひまわりでいっぱいにするという活動です。
参加者が多ければ多いほどひまわりで一杯になるという素敵な企画です。

女の子は挨拶でこんなことを言いました。

「咲いたひまわりを見た時に、私たちを応援してくれる人たちの笑顔に見えました。その笑顔は私たちに『大丈夫!みんながついているから!』と言っているように思いました。震災は辛かったけど、私は人生で一番大切なことを学びました。今度は私たちが誰かを応援したいと思います」

感謝の気持ちで震えながら話す彼女を見て、僕は本当に感動しました。
言葉以上に伝わってくる気持ちがあった。

形式が上手じゃなくても、自分が感じたこと、思っていることを、気持ちを込めて話すことが大切なのだと思いました。

気持ちがなければ込めようもない。
挨拶も、プレゼンも、最後は人間力なのだと思いました。
同時に、技術は諸刃の剣であると。

心に届く挨拶、プレゼンができる人間になりたい、そんなことを思った土曜日の朝でした。

それでは、あなたも素敵な週末をお過ごしください!

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分

あなたの会社を救うのは数パーセントの好奇心旺盛な社員たちである

自発的に動く社員は「風土」でつくられる指示されないと動かない、挑戦

管理教育で育った人が企業で自発的に行動するようになるには?

象を子どもの頃からクサリでつなぎ行動範囲を制限すると、大人になってクサ

人材育成は足し算よりも「引き算」で上手くいく

日本には「引き算の美学」があります。 英語で言うと "Simple"