*

金運を高めたければ「お客様のプロ」になること

s_236265586-680x454

お客の立場になると、途端に横柄になる人っていますよね?
「お金を払っているんだから当然だ」という態度です。
一緒にいるだけでイヤな気分になる。
というか金運が悪くなると思います(笑)

なぜならば、それが仕事に対する「観念」でもあるからです。
お客様と売り手との関係が、神様と奴隷になっているということ。
多分、売り手の立場になると、コメツキバッタみたいに「ヘコヘコ」していると思う(笑)多分ですが…
だから金運が悪くなるのだと思います。

お客様のプロは最高のサービスを受けられる

僕の親友は「お客様のプロ」です。
「お客の世界にプロがいるんかいな?」って感じですが、僕はそう思っています。

どういう事かというとね、例えば、彼はレストランに入ると店員さんをすごく尊重します。
その考え方はこう。

「自分の知らない世界を知っているプロだから、教えてもらわなきゃ勿体無い」
「偉そうにしていたら店員さんに嫌われて、良いサービスが受けれれない」
さらに言えば、「店員さんとともに、その時間を愉しむ」
これに尽きるよね。

ワインのことなんかサッパリ分からないのに、見栄を張って知ったかぶりをして、実は値段だで決めていた(安いのをね)僕には衝撃でした。

店員さんは嬉しいから、僕たちにすごく親切にしてくれました。
彼は人間のことがよく分かっている、そう思いました。(←偉そうですね 笑)

彼はお客の立場でそうだから、当然、売り手になった時も同じように行動します。
「そういうものだ」と観念で思っているからです。

運の良いコミュニティの仲間入りをする方法

「そういうものだ」というのは、「お客様と共に、その時間を愉しむ」という観念です。

売り込みなんて考えていない。
「安けりゃ買うだろ」なんてお客様を馬鹿にした考えはない。

お客様が知らない素敵な世界を体験して欲しい、それだけを考えているんだよね。

だからお客様に媚びない。
尊重し合える関係になっているので値引き要求も皆無です。
彼が提案したものを買ってくださる。

素敵な関係ですよね。

僕は、こうした感性を身につけるには消費を楽しむことだと思っています。
店員さんと共に楽しむ。
それが近道だと考えます。

「客だから偉いんだぞ」なんて考え方はダサい。

店員さんにも、スタッフにも、お客様にも、家族にも、尊重を向けると、相手も尊重で返す。
運の良いコミュニティの仲間入りになると思います。

だから金運がよくなるのね!

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

また明日。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
攻略ではなくご縁で大きく稼ぐ。商売の真髄を見た。

「ご縁を大切にする」…商売の世界では大昔から言われているこ

仕事中に結果を意識すると結果は出ない。結果を意識する時間は別で取ろう

スポーツには「練習時間」「作戦を練る時間」「試合時間」があります。

どんな地味な仕事にも「愉しみの種」がある。それを開花させよう

「好きなことを仕事にする」…そんな言葉をよく耳にします。

【受付中】給与・賞与の決め方と出し方4つのポイント 〜社員の自発性と創造性を上げるために〜

人は何のために働くのか?…動機は人それぞれですが、全員に共

【受付中】自発性と創造性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー

自発性と創造性が高まる賃金制度の構築セミナーを開催します 賃金、