*

ヤル気のある人材が集まる求人広告の書き方2のポイント

saiyou

先日、会合で「求人広告を出しても反応がなくなってきた」という話題になりました。
その中で、有効求人倍率などの雇用情勢が要因だという結論に達しましたが、僕はそうは思っていません。

どんな人に来て欲しいか?
それを明確に書いていない事が原因だと考えています。

自発的なヤル気の高い人材に来て欲しいと思ったら、そういう人が反応する求人広告を書かなきゃ出会うことはできない。

さらに言えば、そういう人が入社したいと思う会社である事が前提だと考えます。

今日は、求人広告に書くべき「2つのポイント」を書きますね。

求人広告には「どんな人に来て欲しいか?」を明記する

求人広告には「どんな人に来て欲しいか?」を明確に書くことだと考えます。
例えば、例を2つ紹介します。

karumo

kyuzin

1つ目は以前にブログに書きましたのでそちらを参考にしてください。
「欲しい人材がたくさん集まる求人広告の書き方」

2つ目も面白いですよね?
僕の友人が経営する新聞店の広告ですが、これを出したら本当にそういう人(気を配るのに疲れた人)が来たそうです(笑)
でも、そういう人は新聞配達には向いているから、定着率も良くなると予想しています。

「どんな人に来て欲しいか?」
それを明確にせずに、労働条件だけしか書かないと、労働条件がより良い会社に負けてしまいます。
同時に、労働条件にしか興味のない人は、極論すれば仕事内容は何でもいいと考えている傾向があります。
残念ながらそういう人は、自発的なヤル気を持っていないことが多いです。

ちなみに、広告に使う写真も大切で、よくある社員みんなで「わー」ってやっている写真は使わないほうが良いです。
なぜなら、それがしたい人が来るからです。
困りますよね?「わー」がやりたい人なんて(笑)
というか、そんな仕事ないし(笑)
写真は真剣に仕事をしている姿のものを使いましょう。

社長が望む人材は、「やり甲斐を求める人」ですよね?

じゃあ、どうすればやり甲斐を求める人が集まるか?について書きますね。

会社が目指すものを明確に書くと、それに共感する人が来る

現代人の働く欲求は昔と大きく変わってきています。
昔は「食うために働く」という人が多かった。
それは、まだ今ほど豊かではなく、物質的に豊かになりたいという願望の現れです。
だから労働条件がより良い会社、安泰な会社が人気だったわけです。

でも、今は基本的な生活水準を満たしている人がほとんどですよね?
だから自分の生活を犠牲にしてまで稼ぎたい、出世したいとは思わない。
それよりも、自分の個性や才能を活かして社会に貢献したいと考える人が増えています。

精神的な豊かさを求めている人が増えています。
そういう人材は、内発的な動機を持っていますから、いちいち指示命令をしなくても自発的に動きます。

そういう人が集まる求人広告になっているか?チェックが必要ですが、そもそも、そういう会社であるか?が重要ですよね?

「ウチなんか、とてもそういう状態になってない」
そう思われる人もいると思いますが、僕は、今そうでなくても、それを目指す会社にも志を持った人が来ると考えています。

例えば、弊社が数年前に出した求人広告です。

IMG_2972

会社が目指すものを明確に書いています。
そして、自分の個性を活かしながらその実現に貢献したい人に呼びかけています。

「会社が何を目指すのか?」
「どんな人に来て欲しいのか?」

これが、やり甲斐を求める人を「たくさん」集める求人広告の2大要件です。

実際に、この広告で96名の問い合わせが来ました。
(採用人数は1人でしたが)

今、理想的な状態になっていなくても「それを目指す」と明言することで、それに共感する人は十分集まります。

もちろん「公約」は果たさないといけませんがね。

今日、ご紹介した2つのポイントを意識して採用活動をすることだと考えます。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

 

ハ?ナー2

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」