*

今取り組んでいる課題が解決すれば、本当に全体がよくなるか疑う

IMG_8681

最近、社員教育の依頼・相談を受ける機会が増えました。
その背景には「もっと自発的に行動して欲しい」という切実な願いがあります。

でも、その期待に僕は応えられないことがあります。
なぜならば、僕にはどうすることもできないからです。
僕は直属の上司じゃないから、多分、受講しても3日もすれば元に戻ると思う(笑)

社員に自発性が足りないのは社員のせいじゃなく、商売に活気がないから…今のビジネスモデルが陳腐化していることが多いからです。

何が本質的な課題なのか?
そこに目を向けることが大切だと考えます。

現場の社員が自発的になれば問題が解決するか?

課題の本質がどこにあるのか?
よく、僕が例に出すのがディスコです。
とあるディスコの経営者がこんなことを言っていました。

繁盛するためには、女性客がたくさんいることだ。豪勢なお酒や料理なんてディスコに期待していない。音質なんて関係ない。社交の場だからとにかく賑わっていることが大事。

なるほどな〜と思いました。

現場の社員が自発的になれば問題が解決するのか?
そういう事だと思います。

本質課題が解決すると、その他の課題も同時にスッキリする

社長は様々な課題を抱えています。
財務の問題、商品開発、マーケティング、マネジメント、人材育成…

それぞれ個別の課題に着手したくなるのですが、それではエネルギーが分散してどれも中途半端になってしまいますよね。

そういう時は、本質的な課題を見つけ、それに集中することだと考えます。

例えば、商品自体が陳腐化している業界の場合があります。
商品には寿命がありますし、時代の変化で「なくても良いもの」になっている事があります。

どんなに頑張っても限界がありますよね?
お客様との関係性があっても、お客様は買えない。
「違う商品を提案してくれたらいいのに」…そう思っているかも知れません。

この状態で人材育成をしても効果は限られます。
自社が持っている機能やノウハウを再編集して、お客様に喜んでいただける価値を創りださなきゃいけない。

売れないものを頑張って売るよりも、そっちの方が社員は自発的になります。

「今、取り組んでいる課題が解決すれば、本当に全体がよくなるか?」

道理で考えれることだと思います。

本質課題が解決すると、その他の課題も同時にスッキリする。

対処療法では限界にきている時代なのかもしれませんね。

それでは今日も素敵な1日を!

また明日。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分