*

Amazonの「坊さん宅配」から考える、小さな会社の未来

bouzu1

先日、NHKでAmazonの「坊さんの宅配」の特集をやっていました。
坊さんがダンボールで届くわけじゃないが(笑)、35,000円で派遣してくれるんだから凄い話です。
Amazonもタブーに挑戦していて面白い。

僧侶の組合から猛反対を受けているのですが、彼らの主張は「お布施はビジネスではない」というもの。
利他の心を養うためのもので、サービスに対する対価ではないと。

街の声も賛否両論、様々でした。

この背景には、檀家が減って困っている僧侶の存在があります。
自分のエリアを飛び越えて営業をする僧侶が増えていて、そのニーズと合致したわけね。また、葬儀の簡素化の流れもあります。

モノの供給と心の豊かさの提供に2極化する

番組の中で宗教学者の先生が面白いことを言っていました。

仏教の世界では「諸行無常」を説いているのに、それを自己否定するようなことをしている。

葬儀のあり方も変わってきているのに…というわけです。

他にもこんな事を。

こうなった背景には寺院にも問題がある。大震災の被災地に何百回と足を運んだ僧侶がいる一方で、宗教をビジネスにしている人もいる。

僕は、この件に関しての是非は分かりませんが、商売に通ずると思いました。

以前はモノの供給が命題だったけど、心の豊かさを求める人が増えている今、商売の役割が宗教的になってきていると考えるからです。

もちろん、これからもモノの供給は必要です。
役割が2極化しているということです。

街の声が様々だったのもそういうことだと考えます。
葬儀を「形式」と捉えるか「儀式」と捉えるかの違いだと思う。
良し悪しではないと僕は考えています。

形式と捉えれば明朗会計で安い方がいいし、僧侶の資格があれば誰でもいい。
支払われる代金は、言ってみれば「お駄賃」みたいなもの。
対し、儀式と捉えれば、それなりの僧侶にお願いしたいし、支払うお金もお布施と考えることができる。
「おひねり」の性質があります。
そういう意味では寺院は檀家制度に甘えちゃいけませんね。

商売にも言えますよね。

心の豊かさは買う相手を選ぶ

モノを買い揃えるなら、安く品揃えが豊富なお店から買います。
その場合は、誰が売っているかはさほど問題ではありません。

対し、心の豊かさを買う場合は人を選びます。
なぜならば目に見えない世界で、自分でも何が豊かであるかを知らない事が多く、教えてもらうというコミュニケーションが必要だから。
それに相応しい人から買いたいですよね?

例えば、以前にもご紹介した小林書店さんは、いつも僕が知らない世界を教えてくれます。
いつもって、2回しか行ったことないけど(笑)
僕は欲しい本は具体的には分からないが、自分の成長課題は知っています。
そんな時に、小林書店に行くと、何故かその課題に合った本を紹介してくれるのです。

密かにエスパーじゃないかと思っていますがね(笑)

それには、店主の小林さんの人生経験の豊富さがあるからだと思います。
色んな事に挑戦して、失敗もしてきたと思う。
阪神淡路大震災の時には窮地も経験した。
そして、いまだに挑戦し続けている。

これぞという本はこういう人に相談して買いたいのです。

書籍は定価販売が原則なので価格を変える事はできませんが、僕はAmazonより高くても買うと思います。

お布施とは性質が違いますが、気持ちの乗った「おひねり」です。

どちらの商売が正しいというわけではありません。
ただ、形式に関しては大手がめっぽう強いことは間違いありません。

あ、僕はAmazonで坊さんは頼みませんよ。

だって、生ものなんだから、夏場は 傷みやすく、生臭坊主になちゃうじゃん(笑)

クール便希望です(笑)

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人の心に響く言葉を使うリーダーは、どんな言葉を選んでいるのか?

組織開発とリーダーが使う言葉には大きな相関関係があると思います。 元気

上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない