*

今一度豊かさと幸せについて考えてみる

私たちは幸せになるためにビジネスをしています。
ビジネスは手段で目的は幸せの創造です。

しかし、その手段の数値最大化のために苦しむ人もいます。
自ら命を断つ人もいます。
とても悲しいことです。

心理学者のミハイ・チクセントミハイは、TEDでのスピーチで「豊かさと幸せ」について次のように述べました。

今から60年前、アメリカ人の約30%が「今、幸せである」と答えた。
その割合は現在も変わっていない。
その間、所得が3倍になったにも関わらず。

これの意味するところは、ある程度の生活水準を超えると、物質的な豊かさは幸福に貢献しないということ。

今年の春、途上国からの留学生を対象に夢新聞教室を行いました。
多くの学生が「会社の社長になる」と描きました。
でも、何をやる会社かは書かれていませんでした。
何でもいいから物質的な豊かさを手に入れたいという願望です。

対し、日本の子ども達は「何になるか?」にこだわります。
自己実現的な、心の豊かさを志向する人が多いのです。

良い悪いの問題ではありません。

日本はそれだけ物質的な豊かさを実現して、次のステージに向かおうとしているのだと考えます。
戻って、手段であるビジネスの数値最大化に苦しむ人がいる理由もここにあります。

もう目指すものが違うということを経営者は肝に命じなければならないのだと思います。

「幸せの創造」

僕は思います。
人には、その人にしかできないことがあって
それをするために生まれてきたのだとしたら
その人が輝いて必要とされて「ありがとうあなたに出会えてよかった」
そう言われた時に人生が開花するのだと思う。

2015年も365日、毎日、指示ゼロ経営ブログを更新しましたが、僕がお伝えしたいことはそういうことです。

来年も幸せな1年になりますように祈っています。
あなたも、ご家族も、あなたの大切なスタッフさんも。

誰も縛らない、誰にも縛られないあなたが大好きです!

指示ゼロ経営 Tao and Knowledge
米澤晋也 a.k.a Liberator

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分