*

サンタに期待するよりも、自分がなる

「幸せは、自分が欲しいだけ手に入る」

クリスマスイブに行った「突撃サンタ」でそんな事を思いました。
突撃サンタとは、独居老人宅にプレゼントを持ってサプライズを仕掛けるイベントです。

突然の訪問に驚くおじいちゃん、おばあちゃん。

僕:「ピンポーン」
おばあちゃん:「どちらさま?」
僕:「サンタでーす!」
おばあちゃん:「け、結構です…」
慌てて「いや、共和堂なんですー!開けてぇな〜」(笑)

5年前からやっていて、今では地元のサポーターさんがサンタ役を演じてくれます。

謝礼は一切なし。
でも、毎年参加してくれるんです。
最初、僕は「何が目当てで来てくれているんだろう?」と疑問に思いました。
最近、その理由が分かったんですよ。

「喜んでもらうことが嬉しい」

お子さんがいる方なら経験があると思いますが、子どもが寝ている間に、そっと枕元に置いて、翌朝の喜ぶ顔を見た時の気持ちは最高ですよね?

もらった方も、あげた方も嬉しい。
それがプレゼントです。

もしかしたら、サンタクロースはそれが嬉しくてやっているのかもしれませんね。

たった1人が始めたサンタ増殖計画

さて、先日の突撃サンタでサポーターをしていただた男性もそんな方でした。
高橋泉さんと言います。

IMG_8572

ブログはコチラ
http://networkkizuna.wix.com/kizuna#!blank/ceyo

もう27年間もサンタをやっている。
最初は、自分の子どもにやった。
それがいつしか、友人と組んでやるようになった、つまり自分の子どもではなく、互いが友人のお子さんに渡すようになったというわけ。

その輪が広がり、2011年の大震災を機に、被災地の子どもたちにプレゼントを渡すようになりました。
5年間でおよそ3000人の子ども達に渡したそうです。

資金は趣旨に賛同する方から集めます。
その方たちもサンタです。

サンタ増殖計画と言えますね。

サンタに期待するよりも、自分がなる

さて、突撃サンタが終わり高橋さんがこんな事を言っていました。

「サンタはやめられない。だって自分が一番もらえるんだもん」

プレゼントを渡す側がもらえるのは「喜ばれる悦び」です。

プレゼントはもらう喜びと、あげる喜びがあります。
もらう喜びには限度があります。
もらえる数には限りがあるし、「もっと欲しい」と思い出すと苦しくなります。

でも、あげる悦びは、お金の工夫さえすれば無限に創り出せます。

その視点に立つと、幸せは自分が欲しいだけ手に入るのだと思いました。

サンタを期待するよりも、自分がなる。

ビジネスだけでなく、豊かな人生を送るために大切なことを高橋泉さんに教えていただきました。

それでは素敵な年末をお過ごしください。

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分