*

ポピュラーとマニアックをどう融合させるか?

義妹にクリスマスっぽい曲を教えてと頼まれました。
家業のパン屋さんの店内で流すBGMを探しているとのことです。

Wham!も山下達郎もポール・マッカトニーも好きだけど、他でも聴けるから、ちょっと粋な選曲をしたと思いました。

こういうのって難しいですよね?
ポピュラーすぎると面白みがないし、すぐに飽きられちゃう。
かといってマニアックすぎると共感されない。

商売そのものだと思いました。

ポピュラーは親しみやすさで、マニアックは独自性の高い世界です。
それを両立させると、唯一無二でありながら支持を得る商売になるのだと思います。

で、選んだ曲はこれ。
大人のクリスマス・ソングだね。

 

Everything’s gonna be alright.

ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「怖い」が言える社長は優秀な社長である

任せたのに社員の行動をいちいちチェックしてしまう。
社員がサボったり不

ギブアンドテイクの真の意味を知り、永く繁栄する商売を築く

僕は「得」と「徳」が同じ発音であることに注目しています。 日本語ってこ

働く人の人生が開花することを経営の目的にしている素敵な企業

昔、住宅メーカーだったと思いますが「大きな人を育てたければ大きな家を建

仕事をしないアイツが自ら成長するために、社長に必要な1つの視点

社長は、やっている社員よりも、やっていない社員に目が行ってしまうと思い

1人1人に弱点があるから組織は強くなれる

社員1人1人がしっかりすれば組織が良くなるとは限りません。 ピーター・