*

僕が気まぐれで書いたブログで、クリスマスにたくさんの子どもたちの笑顔が生まれる

僕がブログを書き始めたのは2011年の4月からで、毎日欠かさず書いています。
最近、ブログを書いていて良かった〜!そんな喜びを感じることが多くなってきました。
まず、僕の事や指示ゼロ経営を知ってくれ、セミナー依頼をたくさんいただけるようになったことがあります。

それはとても嬉しい。

先日、ある女性からいただいた報告もすごく嬉しかった。
僕の記事を読んで、諦めかけていたことに再度チャレンジして、成果が出たというものです。

その方は、つい先日記事にした大澤さんという女性です。
その記事はコチラ。
「魅力的なビジョンには人を自発的にする力がある」

アレルギーで苦しむ息子さんのために始めたパンづくりが、いつしか職業になったという話です。

この記事を読んで勇気づけられたということは、僕ではなく、自分自身の想いに立ち返り勇気づけられたということですよね。

大澤さんは、アレルゲンである卵を使わないクリスマスケーキ(チョコレートケーキ)づくりに悪戦苦闘していたそうです。
毎年、販売しているものとは違うため限界を感じていたところに自分の原点を思い出し、諦めずに試作を続けました。

で、ようやく完成し、その御礼にこんなメッセージをいただきました。

おはようございます?
クリスマスケーキ、新商品のチョコレートケーキをずっと試作中でした。。。
どのくらい作ったか忘れましたが、卵を使わずに作ることに、限界を感じ、これでいいかな、なんて思っていましたが、昨日の晋也さんのblogを読み、、初心に戻ることが出来たのですm(__)m
どこのお店よりも美味しいケーキを作ろう?
と。。。
そして、夜、9時ころ、、やっと納得がいくチョコレートケーキが完成しました(T_T)
アレルギーのある、ご家族皆さんが必ず笑顔になれるケーキが完成しました?
さっそく、ご予約も頂きました。
Facebookにupしてありますのでお時間ありましたら、ご覧ください?
我が家では試食をし過ぎて、当分ケーキはいらないそうです(^^;)))
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=968605766529573&id=375738665816289
晋也さん、、このタイミングで私にメッセージをありがとうございました?
感謝です。

wpid-FB_IMG_1448549528201
すごく嬉しい!!
何が嬉しいって、大澤さんが喜んでくれたことだけじゃなく、大澤さんのおかげで幸せなクリスマスを送れる子どもたちがたくさんいるってこと。
アレルギーがあって食べられなかった、でも憧れのケーキを家族と食べられるんだもん。

すごく嬉しい!!

ま、僕は大澤さんの事を書いただけなんだけど(笑)
大澤さんの思いが結実したんですね。

子どもでなくても、もし、あなたの近くにアレルギーで辛い思いをしている方がいたら、大澤さんのクリスマスケーキで一緒にクリスマスを楽しんで欲しいと思います。

大量に作れないそうで買えるか分かりませんが…

地方発送はできなんですが、今日、千葉の方から注文があって、わざわざ取りに来てくれるんだって。
交通費を考えたら、凄くないですか〜?

興味ある方は彼女のHPをチェックしてください!
「パン遊舎pono-ponoホームページ」

それでは素敵な週末をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行

時代は「競争」から「共創」へ移り変わっている

今、時代は「競争」から「共創」へ移り変わっていると思います。 争うので