*

人には生来的に成長意欲が備わっている事を信頼する

人は生来的に積極的で自律的だと信頼している人とそうでない人とでは社員教育のやり方が変わります。

成長意欲が備わっていると信頼している人は、社員のその力が発揮されるように支援するし、人は放っておくと怠けると思っている人は管理を強化します。

僕は、人間には両面の性質があると考えています。
そのどちらが発揮されているかの問題だということ。
そして、それはリーダーの考えに影響されるのだと。

以前にフリースクールの経営者と話をして、その事に確信を持ちました。
そのフリースクールでは生徒は何をやってもいいそうです。
勉強でもゲームでもスポーツでも、本人がやりたいことをさせている。

そこに通わせる親は、当然最初は心配しますよね?

「そんな事をさせたら、ウチの子は毎日を無駄にする」
ここで人間観が出ますよね?
管理をしないと怠けるという人間観が露呈します。

でも、先生の考えは違います。
人には生来的に成長意欲が備わっていると信頼しているので、そのまま見守るのです。

そうすると、数日もするとゲームを手放し、本人がより意義があると思うことを始めるそうです。そりゃそうですよね?
ゲームが好きな子だって、ずっとやっていたら飽きるもん。
別にゲームが悪いことではありませんが、より充実したこと…例えば、ゲームを作ることに興味を示し、そのためには数学を学ばなければいけないことを知るのです。

教師の役割はゲームを作るには数学の知識が必要だという提言をすることです。

それに気付いた子の学習意欲はものすごく高いそうです。

人は生来的に積極的で自律的である事を信頼している。
そして、自分で決めたことには真剣になるということです。
今、信州の紅葉はピークを過ぎて、もう冬の気配を感じます。
厳しい冬が始まりますが、荒廃とした景色の裏で、木々は春に花咲くエネルギーを蓄えています。
生命ってすごいと思います。

「ちゃんと花咲く」
真冬の景色を見ると、本当に春になると花が咲くのか?と心配になりますが、そんな心配をよそにちゃんと咲く。

生命にはそんな力があるのです。

人材育成の基本思想も同じだと考えています。

人によって気付きの早さは違いますが、成長意欲を備えているのです。
それに立脚して人材育成を行うことが大切だと考えます。

それでは今日も引き続き素敵な休日をお過ごしください!

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して