*

「社員が仕事をサボるのでないか?」と考える社長の下にはそういう社員が育つ

友人の社長がSNSをもっと活用したいんだけど、仕事中にやることに抵抗があると言っていました。
仕事をサボっていると社員に思われるってことね。

SNSはもはや関係性を作るために不可欠なツールだから、僕は社員が仕事中にスマホをいじるのを歓迎しています。

…ってか、その社長の課題は、実はそういうことではなく、社員がサボっていないか監視する風土があるから、逆に自分もそう思われるんじゃないか?という不安を感じるだのと思いました。

sabori

今日は、人は信頼には信頼で応える、そして信頼できるかどうかは相手ではなく自分の問題だという話です。

人は信頼には信頼で応える

実は、僕もそういう時期がありました。
社員が営業に出た先で、実はパチンコをやっているんじゃないか?といった不信感をいつも抱いていたんです。
だから詳細な営業日報の提出を義務付けたり、スケジュール管理を徹底したんです。

するとどうなるか?
社員は、信頼されていないことを感じ取りヤル気を失ってしまったんです。
さらに雑務が増えることで、やるべき仕事ができなくなる。

百害あって一利なしですわ。

「人は信頼には信頼で応える」
人間関係の本質だと思います。

自分を許せた時に社員を信頼することができる

とは言っても、人を信頼するって言葉でいうほどカンタンじゃないですよね?
なぜ信頼できないのか?
僕はそれを自問自答した時期がありました。

そこで気づいたことは、信頼出来ないのは相手に問題があるのではなく、自分の内面の問題だということです。

例えば、営業中にパチンコをやっているんじゃないか?という疑いがどこから来るかといえば、自分にそういう経験があるからです。
僕にも、サボった経験はあります。
どうしても気持ちが乗らなくて「今日は息抜きをしよう」と仕事から離れることはあります。
人間関係のもつれからヤル気を失ったこともある。

でも、それを「いけないこと」だと思いながらやっていたんですよね。
だから、社員にされると腹が立つ。

そんな気付きでした。

僕は今、気持ちがどうしても乗らない時は半日くらい仕事をサボる方がいいと考えています。
その後のパフォーマンスが良くなるから…というよりも、ヤル気が出ない時はどう頑張っても出ないし(笑)

そう考えた時…自分を許せた時に、社員に対しても腹が立たなくなりました。
そして管理をしなくなりました。

サボっているなと思っても「まあ、オレもそうだし…」って感じね。

会社を悪くしようと頑張っている社員なんていません。
みんな良くしようと思っている。

その基本に立った上で、やる気が起きないことなんて誰にでもあります。
例え、その頻度が多い社員でも、会社が良くなることを本質的に望んでいます。
だから、その本質が発現するようにすることが大切だと考えます。

つまり「信頼には信頼で応える」…その流れをつくることだと。

さて、今日は東京で面白い会議があり、これから出発します。

あなたも素敵な1日をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して