*

社員の経験や個性が、成果とヤル気向上の原動力になる

お客様に何かを伝えるときに、自分の考えや思いを入れると反応率がよくなります。

例えば、先日の記事で、僕の親友がわらび餅を売った事例を紹介しましたが「美味しいものが大好きな僕が最高だと思ったから、お客様にも食べて欲しい」というメッセージを入れました。
その記事はこちら
http://www.shijizero.jp/archives/1700

よく、何を買うか?ではなく「誰から買うか?」の時代だと言われますが、こういうことです。

今日の記事は、それを証明する事例をご紹介しますね。

昨日、会議があり1年ぶりに新聞店を経営する先輩に会いました。
営業をする時に、自分が読んで役立ったと感じた記事をコピーして、自分の感想を添えてお客様に渡しているそうです。

IMG_8061

最初のうちは社長が書いたものを社員が使っていました。
でも、それでは成果が出ない。
なぜならば、社員さんが自分の言葉で紹介できないからです。

そこで、社員さんに自分で書いてもらうようにしたら成果が出たそうです。

この事例から言えることは、売れるメッセージがあるわけではなく、「その人だから説得力がある発信の仕方」があるということです。

例えば、大学入試の小論文の試験に朝日新聞の天声人語がよく使われるので、受験生に向けたセールスをやるんですよ。
その場合、受験生の親、もしくは経験者がスタッフにいたら、その人が発信すると共感を生みますよね。

「受験って、本人よりも親の方がドキドキですよね?ウチの息子なんか呑気で…」なんて感じね。

受験生の親だったら共感しますよね?
だから提案を受け入れてくれるのです。

そして、先輩が言ったもう1つのことも見逃せません。

「この活動をするようになってから社員のヤル気がアップした」

自分の経験や個性を活かすと仕事自体が楽しくなります。
それで成果が出たらなおさらです、というか成果が出るようになるんだよね。

画一的にシステム化された仕事ではなく、社員オリジナルの仕事を開発する時代だと考えています。

成果もヤル気も出る。
最高ですよね?

その人だから出来る「お客様のお役に立つカタチ」がある、それを再確認したひとときでした。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
上司が教えなくても自分で勝手に答えを見つける質問術

「大切なことは何度も言う」「口酸っぱく伝える」…社長、上司が一生懸命な

「実現したい!」と思う経営計画書にしたければ物語を盛り込むべし

組織が活性化しない原因は、社員が悪いわけでも人材育成のやり方に問題があ

社員は心から職場を「安全な場」と思って働いているか?

人間は恐怖を感じると自分の身を守ることに集中しますよね? 本能だから当

任せるから育つのか? 育ったから任せることができるのか?

「早く社員に任せたいが、まだ社員に自発性が育っていないから任せられない

社員1人1人が自己実現できる舞台が会社だと思う

僕は夢を持つことはとても大切だと思っていますが「夢は追わない方が良い」