*

4歳の女の子から教えてもらった、人生で一番大切なこと

今、僕の地元で夢新聞をやっています。
隙間時間を使ってブログを更新しました。

7名の子どもと4名の保護者が参加してくれました。
こじんまりとした教室でしたが、参加者の方の感性が豊かで、僕もとっても感動しました。

いつも、教室では東日本大震災で出会った人の話をします。

ある4歳の女の子は大震災で両親を亡くしました。
名前を、まなみちゃんと言います。
近所のおばさんが、クレヨンを持ったままのまなみちゃんを連れて高台に避難しました。

残念ながらお母さんもお父さんも亡くなってしまった。
でも、まなみちゃんはその現実を受け入れることができません。

いつか帰ってくると信じて、両親に手紙を書き続けました。

「パパへ、あわびとか、うにとか、たことか、こんぶとか、いろんなのをとってね」

「ママへ、生きているといいね。おげんきですか? おりがみと、あやとりと、本をよんでくれてありがとう」

毎日、手紙を書きながら疲れて眠ってしまったそうです。

BCqhtRWCAAA_NXI

家族がいること、職場の仲間がいること、友人がいること…

それは決して当たり前じゃない。

僕は、まなみちゃんからそんな事を教えてもらいました。

さて、夢新聞最後のクライマックスに向けて、スタンバイします!

素敵な週末をお過ごしください!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
硬直化した組織を「挑戦する組織」に変える3つのステップ

社内には「変えたい」と願う人よりも現状維持を好む人の方が多いです。 「

協力しない、助け合わない社員は、この2つで協働するようになる

社長は社員に「もっと協力して仕事をして欲しい」と願っている。でも、

いるだけで周りに勇気と安心を与える社長が信じていること

優秀な経営者に共通することの1つに「楽天的」があります。 根拠がなくて

他人事な社員が仕事を自分事と捉えるには「働き方」のビジョンが必要

企業の活性化にビジョンは欠かせません。 目を閉じれば情景が浮かんでくる

嘘でもいいから飛躍した未来を描く!社長のための未来創造ワークショップ

「今の仕事をもっと工夫して頑張ればもっと成果が出る」…そんな会社は多分