*

たった22文字の言葉でAmazonからお客様を取り戻した書店

おはようございます。

昨日まで2日間、横浜にいました。
仕事じゃありませんが、おじさん達と旅行をしました。

中華料理、美味しかったですが、ちょっと飲み過ぎました(笑)

凝って複雑になることを避けよう

物事はシンプルに考えるのがベストだと思います。
以前に、サッカー日本代表の岡田武史元監督がこんな事を言っていました。

シンプルに発想すれば、フィールドの真ん中をドリブルしてシュート!!ってのが一番いい。
でも、敵はそうはさせてくれないから色々戦術を考えるのだけれども、複雑に凝らないことが大切。シンプルに発想する。

なるほど〜って思いましたよ。
あれこれデコレーションしたくなりますもんね。

今日の記事は、そのまんま、シンプルに考えようという話です。
特に、組織で取り組む時はどんどん複雑になるから注意が必要です。

自分の頭で、シンプルに狙っていく

事例から学ぶのが直感で理解できると思います。
2つご紹介しますね。

先日、尼崎市の「小林書店」に行きました。
60代(には見えないのだが)の女性が経営する小さな書店ですが、非常によく売ることで有名な店です。
もう、頭の中がグルングルンするくらいの気付きがあり、徐々にブログで紹介したいのですが、「シンプル発想」でもガツンとハンマーで殴られたような気付きがありました。

今って、全国の書店は苦境に立たされています。
Amazonの影響が大きい。
僕も、気になる本はAmazonで買っていますもんね。

おそらく多くの書店が対策を講じていると思います。
僕は、相当に敏腕のコンサルタントでも難しい課題だろうと思っていました。
自社の強み、コアコンピタンスがそうちゃらこうちゃら…ターゲッティングをどうちゃら…

でも、小林さんは、ものすごくシンプルに発想して、Amazonで買っているお客様を取り戻しています。
商店街に保険屋さんがあって、契約してくれた方に本をプレゼントしているそうで、ご多分にもれずAmazonで購入していました。

小林さんは、保険屋の社長にこう言いました。
これが凄い。

「社長さん、アマゾンに何か義理でもあるんですか?」

たった22文字。

Amazonに義理があればしょうがないけど、そうじゃなかったらウチから買ってよ。配達もしているから。値段も同じだし。

痛快なまでにシンプルですよね〜

IMG_7766

傘の理由は…また記事にします

もう1つの事例はディスコです。
都内にあるディスコでは客数減に悩み、色んな改善を行ってきたそうです。

お酒の種類を増やす。
料理を工夫する。
接客をよくする。
音響を充実させる…

でも、社長はそうは考えなかった。

「お客様はディスコにレストラン並みのサービスは期待してない。女性がたくさんいれば盛る。」
これもツボをおさえたシンプルな発想です。

最初から難しく考えていないか?
「◯◯論」「◯◯法」と付くものに頼りすぎていないか?

まずは自分の頭で、シンプルに狙いたい。
特に組織で仕事をする場合、ただでさえ複雑になりますから、こういう思考が大切なのだと考えています。
それでは今日も仕事を愉しみましょう!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して