*

1つの世界、架空だけど、素晴らしい世界を創造した女性

今から10年ほど前、僕は新しい挑戦をしようとしていて、その時、自分の力に限界を感じていました。

そこで僕にはない力を持った社員を採用することにしました。
当時、24歳の女性が来てくれました。

鬼才という言葉がピッタリな、芸術肌の社員だった。

焼きたてのパンを朝、お客様にお届けしよう。
ただ届けるだけじゃつまらないから、リゾートホテルのルームサービスをモチーフに展開しようという話になりました。

彼女は、実際にリゾートホテルに行き研究しました。
品質、デザイン、接客…

そして、リアリティーを出すためには、実際にはないホテルだけど、イメージの中で創ろうと、一生懸命にデザインしてくれました。

スライド46

1つの世界観ができた。

その後、結婚を機に退社、信州からは遠い、福井県に引っ越しました。

先日、彼女は、もっと遠い所に行ってしまった。

とても悲しかった。

時々、信州に帰ってくる時は会社に遊びに来てくれた。

愛想はないけど、人の話をじっくり聞いてくれる。
ネコのような目で、真剣に…

キミが創り上げたものは、今、もっと進化して、たくさんのお客様の人生を豊かにしているよ。キミの仕事は、全国の仲間たちが知っていて、すごく敬意を表してくれているよ。

ありがとう、ずっと先の話だけど、またネコのような目をして、話を聞いてください。

架空のホテルのラウンジでかかっていた曲をプレゼントします。

 

R.I.P タッキー

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して