*

全体をデザインするために、細部に神経を通わす

寿司屋の大将って、腕はもちろんですが、あの凛とした雰囲気がいいですよね?
堂々としているし仕事に厳しそう。
若い職人よりのオジさんの方がいい。

秋葉原にギャルが握る寿司屋があるそうですが、寿司好きから言わせれば論外ですよね?(笑)

ま、目的が違うのか…

商品そのものは勿論大切ですが、それ以外のデザインもすごく大切だと思います。
僕も得意な方じゃないけど、今日は僕の気づきを書きます。

僕の好きなDJに「MURO」という人がいます。
まだ日本にHIP HOPカルチャーが入るずっと前から、今に至るまで第一線で活躍しています。
彼のこだわりは、アナログレコード。
今って、PCがあればDJができる時代です。

彼がアナログレコードにこだわる理由は、DJの動作だそうです。

曲をかけている最中に、DJは次の選曲をします。
レコードが入った箱をガサガサ掻き回して探すのですが、あの動作がいい。
曲が見つかると、ジャケットからデッカく黒いレコードが出てくると、もう音楽好きはドキドキしちゃうわけ。

muro

PCを覗き込んで、メガネに青い画面が映っているなんて嫌だわ。

あ、何言っているか分からないとか?

昔、京都に出張に行った時に先方が料亭に連れて行ってくれたことがありました。
で、舞妓はん。

もう、世界のトップ5%の富裕層になった気分でしたよ(笑)
でもね、舞妓はんと携帯電話の話題になった時に、おもむろに出したケータイが、こんな感じ。

img506563aezik7zj

デコッ!

ちょっとガッカリしました。
レストランで流れている音楽がFMラジオじゃ嫌だ。
寿司屋の職人がジャニーズ系じゃ嫌だ。

「神は細部に宿る」という名言がありますが、一度総点検が必要だと思いました。

あ、やっぱ寿司屋の建物は和風がいい(笑)

o0340025512929086005

 

それでは素敵な週末をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
10年後に若者から選ばれる会社になるために今すべき事

僕がPTAをやっていた時に「お子さんにどんな人に育って欲しいか?」とい

会社を良くする方法はぜんぶ小学校で教わった

業績好調な会社にお邪魔するといつも気づくことがあります。それは社員同士

就業規則を社員が参画して創ると経営者意識が育つ

社長であれば社員に対し「なんで自分中心でしか考えられないんだろう?」と

給料や昇進では発揮されない、尽きることのないヤル気の生み出し方

「社員のモチベーションをどう管理するか?」…これは経営者にとって非常に

社長の発想力を超える面白いアイデアを出せる社員はどうすれば育つのか?

東大で行われている創造の授業今は従来の延長線上で発想しても良いアイ