*

夏の思い出が美しく幻想的になる、少し寂しさを含む名曲

夏が終わりましたね。

この季節は、昼間と夜では全く違う表情を見せます。

夏じゃないという理由だけで、昼間の暑さは苦しくなる。
夏のドロドロした部分だけが凝縮された感じ。

夜は昼間の垢を落とすように、穏やかな空気になる。

少し寂しい、変な季節ですね。

僕は、毎年この季節に聴く曲があります。
この季節以外には聴かない。

夏の思い出がより美しく幻想的になる、少し寂しさを含む名曲です。
毎年紹介していますが、今年もします!
サビじゃなく、一番最後にグッとくる。

Joyce cooling

「it’s you」

 

Everything’s gonna be alright.
ワクワクすることに積極的なあなたが大好きです。

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
社長の望むものを社員も望んでいるか?「我々化」で自律型組織を加速させる

経営の要諦は「社長が望むものと、周囲が望むものを上手に統合すること」…

理想が高い社長が陥る人材育成の典型的な失敗

高い理想を持つことは非常に大切なことですが、こと人材育成に関しては裏目

企業には目標や緻密な計画を持ってはいけない時期がある

今、多くの企業がビジネスモデルの転換を迫られています。 成熟期に入り、

社員教育をしているのにチームとして育たない時の対処法

ちゃんと社員教育をしているのにチームとしては育たない…そんな事がよく起

論理的に伝えるだけでは組織は動かない。情動に訴える「声の経営」をしよう

企業の経営計画書は面白くない…僕は常々そう感じています。 「面白いとか