*

【終了】「ニューズレターでお客様、地域の方と最高の関係をつくる」セミナー開催

こんにちは!

10月7日(水)に「ニューズレターでお客様、地域の方と最高の関係をつくる」というテーマでセミナーを行います。

これは夢新聞協会が、認定講師を対象に行うセミナーですが、一般の方もご参加いただけるのでお知らせしますね。

ちょっと想像して欲しいんですが、お客様の中に「親友」っていませんか?
敬語を使わないでも失礼にならない、時に苦言も言ってくれる。
でも、超激安店が出来ても浮気をせずに、ずっとあなたを応援してくれる人です。

そんな人がたくさんいたら強いですよね?

でも、そんな人も最初から親友だったわけじゃないです。

「知り合う」→「親友」
この間にはプロセスがあります。

そのプロセスをニューズレターを活用して埋めようという話です。

IMG_5200

「お願いをしなくても、進んであなたを応援してくれるお客様をつくる」
「あなたが勧めたものを買ってくださる」
「地域全体に配布することで、新規客の獲得を促す」

それが今回のセミナーの目的です。

内容は以下の通りです。
■モノが溢れた成熟社会では「誰から買うか?」が重要
■関係性ができる2大原理
■ニューズレターに書くべきこと、書いてはいけないこと
■お客様にとって有益な情報を教えて差し上げる
■ニューズレターを交流のツールにする

従来のように売り込んでいたらより苦境に追い込まれる時代です。

セミナーでは、親友のようなお客様を増やすための考え方や方法を学びます。

当然、座学ではありません。
僕が司会者となり、すでに成果を上げているパートナー講師、上村晃一郎さんと山口佳久さんを囲みながら「生きた知恵」を共有しながら、アクションプランを立てます。

上村さんのブログはコチラ
http://ameblo.jp/beauty-compass/

山口さんのブログはコチラ
http://blog.greenplus-kyoto.com

何故、ファンが増えるのか?が肚から理解でき、実践のための具体的なアイデアが手に入ると思います。

関係性づくりは時間がかかるものです。
それは逆に言うと、1日も早く始める必要があるということ。

是非、是非、是非、絶対、 遊びに(学びに)来てください!

■日時:10月7日 13時?17時
■場所:名鉄イン名古屋駅前の貸し会議室です。
http://www.nagoyakaigishitsu.com/nagoyakaigishitsu/index.php
■参加費:◎夢新聞講師→無料  ◎一般の方→10000円(税込) ◎夢新聞講師からの紹介の場合→7000円
■お申し込みは下のフォームからお願いします。

ニューズレター作成講座

お名前
メールアドレス
お問い合わせ


共に楽しく成長していきましょうね!

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行