*

全国の後継社長にエールを、僕は送りたい

山形県の酒田市で爽やかな朝を迎えています。

昨日は山形県の酒田商工会議所で指示ゼロ経営セミナーを行いました。
2代目、3代目の後継社長を対象に、どうすれば自分の組織を創れるか?って話です。

IMG_7673

IMG_7674

もう、盛り上がったのなんのって、あっという間の3時間でした。
受講者のみなさんがすごく積極的で、ワークで出たアイデアは僕も勉強になりました。

今の時期に事業を継承するのって、すごく大変だと思います。
よく創業社長の中に「後継社長は甘い」なんて言う人がいますが、それは全く違います。
確かに創業社長は相当な苦労をしたと思いますが、後継社長は、それとは違う苦労をします。

今の時期に事業を継ぐ後継社長には共通する2つの悩みがあります。
それは、先代が成長期のやり方から脱却できていなく、新しい時代に合った商売に変えなきゃいけないという悩み。
もう1つは、その変化に対応するために組織も変えなきゃいけないという悩みです。

守るものがありながら冒険をしなきゃいけないのです。

僕は自分の経験から、商売のあり方を変える時に、トップダウンで社員を動かすと組織が疲弊することを知りました。

その理由は、そんなにカンタンに正解が見つからないからです。
やってみては改善する、その繰り返しが必要じゃないですか。
それを、その都度指示命令で動かすと、「社長は言うことがコロコロ変わる」となり社員に不満がたまります。
そうすると指示が出しづらくなり活動が停滞します。

だから、変化を自分で創る社員の育成、つまり自律型組織が求められると考えています。
方向性とビジョンを示し、それはぶらさない。

そこに向かい、自ら決め、考え、判断し行動する社員を育成することが成功の要になる。
そう考えています。

後継社長は楽じゃない。

だから僕は、後継社長を応援したいのです。

全国の後継社長、きっと今の苦労は報われる時が来る。
あなたの時代が来る日はそう遠くはないと思います。

がんばりましょうね!

それでは素敵な週末をお過ごしください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
第5回たくらみ合宿「TOC&アイデア理論&指示ゼロ経営」

第5回たくらみ合宿 TOC+アイデア理論+指示ゼロ経営を開催します。

自分軸を知ればどんな場所でも自分の花を咲かせることができる

今後、産業の新陳代謝が激しくなると言われています。AIが発達

人間は自らの意志でのみ動くから他人に言われてもヤル気にならない

人は自分で決めたことには責任を持ちますし自発的にもなります。

「未来を選ぶ」「顧客を選ぶ」「パートナーを選ぶ」選んだ者が選ばれる

人生は「選ばれること」の連続です。 就職も結婚もビジネスも、選ばれる営

問題・課題の提起だけで解決しようとしない社員をどうするか?

代わりに考えてあげてしまうから自分で解決しようとしない社員は