*

墓参りに行って分かった事…「自分を輝かせる事で、人も幸せになる」

お盆の帰省が始まっています。
僕の町にも県外ナンバーのクルマが走っています。
コンビニに行くと、昔の友人にバッタリと会ったりするんだよね。
人違いだったら恥ずかしいから、声をかけるのに躊躇しちゃうんだよね(笑)

さて、お盆は、ビジネスブログって気分じゃないので、今日はちょっと違う記事を書きますね。
「創業者の思い」についてです。

ってビジネス系じゃん(笑)

お盆なのでお墓参りに行きました。
弊社の創業者は僕の祖父で、約90年前に創業しました。

以前に、じいさんの創業の思いを父に聞いたことがあります。

「新聞店ならペコペコ頭を下げなくても良さそうだから」

ええ〜!?(笑)

まあ、本心か冗談かは分かりませんが、一旗揚げてやるという思いはあったそうです。

僕は、その思いってすごく大切だと思います。
エネルギーの源ですから。

でも、それだけでは商売は繁栄しないから、企業は理念を作ります。
理念は、基本的に自分以外の幸せを謳います。

「世のため、人のため」

繁栄するためには、人の幸せを考えなきゃいけない。
それは自明のこと。

でも、僕はこれをいきなり目指すのは違うんじゃないかと思っています。
最初からそう思っている人もいますが、そこに到達するまでに、もう1つの過程があるのだと考えています。

「余のため、人のため」

自分が活きる喜びの先に、人のお役に立てるという意味です。

「世のため、人のため」という言葉に欺瞞を感じるのは、そのレベルに達していないのに、立派な人を演じているからだと、僕は思っています。

僕にもそういう時期がありましたが、いかにも立派な事を言って自己陶酔しているだけでした。
立派な社長の仮面を被ると、それに縛られて、人の評価ばかり気になって活力を失いますからね。
今、僕が達したのは「余のため、人のため」というレベルです。
それに気付いていから、すごく楽しいし、生きている実感があります。

人に喜ばれて初めて悦びを感じるのだから、生かされている、活かされているという言い方の方が正確かもしれません。

「自分のため」と「人のため」は相反すると思っていましたが、そうじゃない。

「自分を最大限に活かして、人に喜ばれる」

みんなが幸せになれるあり方だと考えていますし、多分、神様はそういう風に人間を創ったのだと思います。
お墓に手を合わせた時に、こんな声がしたような気がします。

「自分を活かして、人に喜ばれるのは楽じゃないぞ。自分を磨く努力を怠るな」

ご先祖様から受け継いだ命を、どう輝かせるか?

それがご先祖様への恩返しになると、僕は思いました。

お盆って、自分の命のルールを考えるいい機会ですね。

素敵なお盆をお過ごしください。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
新しい世界に踏み込む勇気と力がないと現状にしがみつき苦しくなる

人は狭い世界で生きていると、その世界に何とかしがみつこうとします。 今

社員に指示をされるようになったら自律型組織は成功である

社員から相談を受けると社長は気持ち良いものです。 「頼りにされた」とい

第5回たくらみ合宿「TOC&アイデア理論&指示ゼロ経営」

第5回たくらみ合宿 TOC+アイデア理論+指示ゼロ経営を開催します。

自分軸を知ればどんな場所でも自分の花を咲かせることができる

今後、産業の新陳代謝が激しくなると言われています。AIが発達

人間は自らの意志でのみ動くから他人に言われてもヤル気にならない

人は自分で決めたことには責任を持ちますし自発的にもなります。