*

デキる人を参考にするなら、完成形ではなくそこに行き着くまでの過程を学ぶ

スマイル0円を復活させたマクドナルドですが、社長の目が笑っていないのが気になる今日この頃です(笑)

マックと言えば、素晴らしく統一されたマニュアルが有名ですが、こんな笑い話があります。

ある会社のイベントで、参加者の弁当の手配に手違いがあって届かなかった。
そこで急遽「ハンバーガーでいいや」となりました。

100yen_10

女性スタッフが汗をかきながら近くの店舗に行き注文をしました。

「ハンバーガー100個、急ぎでお願います」

店員さんが優秀。

「お持ち帰りですか?こちらでお召し上がりですか〜?」

ギャル曽根か!?

マニュアル対応を揶揄したつくり話だと思いますが、あながちないわけでもないと思います。

さて、ここまで読むと、マニュアルはダメだって話に進むと思うでしょ?
指示ゼロ経営だし。

でもね、気が利くようになるまでは徹底した基礎の反復が必要だと僕は考えているのです。
指示された通りに行うという過程がないと一人前にならないと。

ものごとの習得には次のような過程があります。

「知らなくて、できない」
「知っているけど、できない」
「知っていて、考えて、できる」
「身につく」

そして、身に付いた先に「オリジナル」の世界が待っています。

例えば、イチロー選手の「振り子打法」は最初からやっていたわけではありません。
基礎が身に付いた先に開発されたもので、彼の身体的特徴が活きた打法です。

マニュアルは、万人がやってもできる手法ですので、一挙手一投足にちゃんとした「理由」があります。
経験ないですか?
マニュアル通りやっていたら、その「理由」が分かったってことが。

それが分かると応用が効く。

逆に、オリジナルの領域に達した人に対しては「任せる」姿勢が必要になります。

イチロー選手も、オリックス時代に打撃コーチから振り子打法をやめるように言われましたが、彼は断固拒否しました。
で、2軍に落ちちゃった。
その時の2軍コーチが素晴らしい方で、二人三脚で振り子打法を完成させました。

人材育成のコンサルタント、東川鷹年先生の言葉に「任せるから、任すに足る人になってくれ」という名言がありますが、任すに足るというのは基礎の反復ができた人のことをいうのだと、僕は考えています。

デキる人は非常にオリジナリティが高いですが、そこに行き着くまでの過程を見ずに真似をするのは危険ですね。

スマイルだって奥が深いんだぞ〜

それでは素敵な週末をお過ごしください。

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して