*

父親のあなたが、子どもに伝えられる時に伝えなければならない思いがある

今日の記事は、いつもとはちょっと違う内容です。
でも、すごく大切なこと。
男の子のお子さんを持つ方に、是非、是非、是非、絶対に読んでいただきたいと思います。

父親のあなただから、「絶対に伝えなければならない思いが、そこにはある」(笑)
伝えられる時に伝えなければならない事がある、という話です。

僕の親友であり夢新聞の仲間である、柳沢昭という年中黒い男があるイベントを企画しています。僕が代表を務める夢新聞のイベントです。
それは大自然の中でキャンプをするというもの。
親子で協力しあって火を起こしたりBBQをやったりするんですが、単なるキャンプではなく、父親の背中を見せる機会にしたいという思いがあるのです。
父親なら出来る、でも子どもには難しいことってありますよね?
でも、それは普段はなかなか見せられない。

「父ちゃん、すげー」
子どもがそんな気持ちになった時だから伝えられること…「夢の大切さ」「父の思い」「人生について」…それを思い切って伝えることを目的にしています。

10426102_865895013488585_1963881869789897465_n
こんな大自然の中でやります

父親はバカで良い、でも、だからこそできることがある

以前にネットで「父親と母親の子育ての違い」という特集を見ました。
それが面白い、すごく。

moms_and_dads_have_very_different_parenting_styles_640_03

母親:「遊び方が丁寧」 父親:「遊び方がワイルド」

 

moms_and_dads_have_very_different_parenting_styles_640_04

母親:「常に子供の成長を考えている」 父親:「たまに子供のことを忘れる」

男ってバカだな〜って思うんですが、それで良い、いや、それが良いことだってあります。

僕にもそんな体験があります。

僕は、人生の中で、伝えなければ後悔するであろう事を息子に伝えた

夢新聞を行った時に、どうしてもスタッフが足りなくなって、当時中学1年生の息子を連れて行きました。
担任にお願いをして学校を半日で切り上げて連れて行きました。
息子には「謝礼をいただいているから、子どもだからといって手抜きは許されない」と伝えました。
息子、超ビビっていました。

強引に誘っていておいてそりゃないだろ!?ってところが親父的(笑)

息子が僕の仕事姿を見るのは、おそらくそれが始めてだったと思います。
夢新聞が終わり、感動で抱き合う参加者の親子を見た時に、息子の態度が変わりました。

親子ではなく、尊敬の念が混じった男と男の関係になったと僕は感じました。

帰りのクルマで、僕が「どうだった?」と聞いたら、「すごいプレッシャーだった」と答えました。「でもすごく楽しかったし感動した」と。

僕は、その時にどうしても伝えたい思いがありました。

「仕事っていうのは、自分だから出来ることで人に喜ばれることなんだ」
「龍一にも、お前だから出来ることがある。将来、それで人に喜ばれるために、今、自分が置かれている環境で自分をとことん磨いて欲しい」

この画像を見せました。
ネットで拾ったものなんですが、すごく分かりやすい比喩だったから。

IMG_3634

「オレ(米澤)はキムタクにはなれない、でも、彼だって僕にはなれない」

自分の道を生きて欲しい、でも、道は今を真剣に生きる事でしか発見できない。
そんな事を伝えたかったのです。

心に伝わったことが、僕には分かりました。

でも、ヤツは一言…

「でも、キムタクは父さんにはなりたくないと思うよ」

そこか!?

でも、そのツッコミ力が息子の才能かも知れないってことにしました(笑)

ずっと伝えたかったことなのですが、「あの日」じゃなければ伝えられなかったと思います。

子どもが大きくなるのはあっという間です。
父親のあなただから伝えられることを、伝えられる時に伝えてあげて欲しいと思います。

あなたのためでもあり、お子さんのためにも…

冒頭に紹介したイベントですが、目下参加者を募集しています。

詳しくはコチラを御覧ください。
http://ameblo.jp/dreampaper-project/entry-12046726967.html

■日時:2015年8月8日(土)13時集合〜8月9日(日)15時終了予定
※現地集合

■場所:長野県大町市平森9707-1 0261-23-3939

■参加年齢 小学生以上 (親子で参加)

■料金:1家族2人で21000円、一人追加毎に7000円
(テント等レンタル品、食材費3食分、飲み物、保険料等含む)
※2日目の水上スポーツは別途1人3500円いただきます
※駐車料は別途かかります

■お申し込みは、キャンプ担当 柳沢昭まで
電話 0263-25-3511(柳沢新聞店)※キャンプの件とお伝えください
メールアドレス akira.4537@gmail.com

(迷惑メールに振り分けられてしまう事がありますので、返信がない場合は、お手数ですがお電話をください )

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

また明日!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
社員に指示をされるようになったら自律型組織は成功である

社員から相談を受けると社長は気持ち良いものです。 「頼りにされた」とい

第5回たくらみ合宿「TOC&アイデア理論&指示ゼロ経営」

第5回たくらみ合宿 TOC+アイデア理論+指示ゼロ経営を開催します。

自分軸を知ればどんな場所でも自分の花を咲かせることができる

今後、産業の新陳代謝が激しくなると言われています。AIが発達

人間は自らの意志でのみ動くから他人に言われてもヤル気にならない

人は自分で決めたことには責任を持ちますし自発的にもなります。

「未来を選ぶ」「顧客を選ぶ」「パートナーを選ぶ」選んだ者が選ばれる

人生は「選ばれること」の連続です。 就職も結婚もビジネスも、選ばれる営