*

組織がなかなか良くならない…そんな時にすべき事と、やってはいけない事

先日、大英博物館展を見に行きました。
英国が世界中からぶん取ってきた、いや、収集した(笑)文化遺産がてんこ盛りで面白かった

hqdefault

それを見ていて気付いたんですが、5万年前と5000年前ってあまり変わりないんですよ。
でも、5000年前と500年前はぜんぜん違う。
500年前と今はもっと違うよね?
進化・発展はある地点から加速するという事ですが、それって組織づくりにも言えます。

今日は、一生懸命やっているのに、組織がいまいち良くならないと心配している方への朗報です。ある日を境に急に良くなると、僕は経験上考えています。
組織改革に取り組んでいる2代目、3代目社長に読んで欲しいです。

新しい取り組みは徐々に社内に伝染していく

目指す組織が自律型組織の場合、一気に良くなることはありません。
一気に変わるのは管理型組織です。
まあ、一気に良くなるってよりも、やっているフリをするか、やらされているってだけだだけどね。

自律型組織の場合、徐々に、時間をかけて良くなっていきます。
それは、自発的に動く社員の数が徐々に増えていくということです。

徐々に増えていくという事を、もう少し詳しく言うと、「徐々に伝染する」と考えています。
例えば、下のグラフは総務省が発表した携帯電話の普及を表すものですが、キレイな「Sの字」を描いてますよね?

imgb79fc1e3zik6zj

1989年から1994年までは、ほとんど変化がありません。
この時点で買う人は「新しもの好き」のイノベーターです。
彼らの動機は、誰よりも新しく使い出すことにあるのです。

僕の取引先の担当者はイノベーターでしたが、移動中はいつもバックからアンテナだけ出していましたよ(笑)
別に電波がよくなるわけじゃないけど…要するに自慢したいのです、じゃなきゃ買った意味が無いから(笑)

1995年から急に成長していますが、これは先のイノベーターのお陰です。
普通の人は、携帯電話の存在は知ってはいたが、誰かが使っているのを見ないと買えないのです。
伝染するってこういうこと。
使う人が増えれば増えるほど伝染が加速するという構図ですね。

楽しいから伝染する

組織づくりだって同じです。
徐々に広がり、「ある地点」を超えると一気に変化が加速する。
その地点までは辛抱が必要だと思います、我慢じゃなくね。

僕の経験では、辛抱の時に大切なことは「楽しむ」ことだと考えています。
だって、楽しくないと伝染しないでしょ?

天照大御神が隠れた岩戸から出たのは、外から何やら楽しそうな声が聞こえて、気になって開けちゃったからです。

じゃあ、どうすれば楽しめるか?というと、「やっている人」に目を向けることだと思います。
社長は、社員間の温度差を気にしますが、それは「やっていない人」に目が向くからです。
やっていない人を見ると「ウチは大丈夫か?」と不安になったり腹が立ったりします。
そうなると雰囲気が「やらなきゃいけない」になり、とても自発的どころではなくなってしまいますよね。

社長が、やっている人と楽しそうにやっていたら、それはもの凄い影響力です。

こうして「ある地点」を超えたら、そこは別世界が待っているはずです。

我慢じゃなく辛抱。

きっと良くなると思いますよ。

それでは今日も素敵な1日を!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して

変化に素早く対応できるチームにしたければ役職は決めない方が良い

何かをやろうと思った時に、すぐに実行に移せる会社は強いです。 成果は行