*

「人を使う」という言葉に違和感を感じる感性が必要だと思う

僕はずっと「従業員」という呼び方に違和感を覚えていました。
読んで時のごとく、「業務に従事する人」という意味ですが、なんか時代が違うんじゃないかな?と感じています。

今日は、スタッフとの関係性が変わってきている、同じ目的を共有する同志の関係が組織に活力を与えるという話です。

従業員からパートナーへ

先日、最寄りのスターバックスコーヒーの店長と打ち合わせをしました。
実は、そこで夢新聞をやることが決まったのです。
嬉しいですね〜!
ただでさえスタバが好きなのに、その中でもお気に入りのお店でできるなんて。

IMG_6862

話の中で、さらっと「パートナー」という言葉が出ました。
従業員のことです。
でも、「業務に従事する人」という意味じゃない。
聞いてみると「感動経験を共有して、人々の日常に潤いを与える」というミッションに集った同志という意味。
これは名称の問題ではなく、その思想が一挙手一投足に反映されています。
だから笑顔が素敵なんだろうな。

「業務に従事する人」は与えられた業務を行う対価として仕事をします。
これは100年以上続いた工業社会の流れを汲む考え方で、そこには常に管理が存在します。
「労使」という言葉、そのまんま。

「人を使う」という表現もありますが、こうした一連の言葉に違和感を感じる感性が社長には必要だと考えています。
これからは。
言葉は言霊ですからね、無意識のうちにそれに相応しい組織運営をすると思います。

創造性の高い人が集まる会社にするには

モノを効率よく作ることを目指した工業社会では、どれだけ合理的に管理できるかがカギを握りました。
F.Wテイラーが考案した「科学的工程管理法」が世界中に広がり、労働者と呼ばれる人たちは徹底した管理下に置かれ業務に従事しました。
この場合、社員は「手足」
極論すれば、ロボット化できればそうしたいって世界です。

時代は進み、今は心の豊かさを求める時代になりました。
「早く安く大量に」という商品だけじゃ満足できない生活者がたくさんいる。
こうなると、今のところロボット化はできず、人間が人間たる所以の「創造性」が成功のカギを握ります。
手足ではなく「頭脳」「心」として社員を見なきゃそういう組織は創れません。

そういう感性を持った人は、そういう会社で働きたい。
そして、そういう会社には働く指針があります。
「安く早く大量に作って社会をモノで満たします」なんて会社には行きません(笑)
スタバのような「感動経験を共有して人々の日常に潤いを与える」という「人」に基づく考えに共感する人たちです。

それを一緒に創造しませんか?と呼びかけているわけですね。
そうすると、従業員ではなく共感者…パートナーが集まる。

どちらが創造性を持った人を集めるかは自明の理ですよね?

まずは旧時代の名称を自社の辞書から削除してみてはいかがでしょうか?

それでは今日も素敵な1日を!

 

 

 

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人口減少社会でも繁栄する商売の創り方

本格的な人口減少社会に突入しました。 日本中、ほとんどの企業が大きな影

責任は「取るもの」ではない「果たすもの」である

仕事に責任はつきものです。 誰だって無責任な人は嫌いですよね? 「言っ

あなたが情熱を感じてきた事が、あなたの事業の未来を形づくる

「◯◯すべき」という言葉が多い会社は窮屈で自由な発想が生まれません。

現場のことは現場で解決する…主体的な現場を創るための社長の心得

企業でよく「末端」って言葉を使いますよね? 「末端の人たちの仕事」なん

何屋といったカテゴリーに縛られず「自分の表現の場」と考えると道が拓ける

タウンページにある業種のカテゴリーが役に立たない時代になったと実感して