*

社員によって温度差があるという悩みはムダな悩み

よく「温度差」という言葉を使いますよね?
組織の中に熱い人と冷めている人がいるという意味ですが、そのことに苛立つ社長は多いと思います。
でも、それは正常な状態だと僕は言いたいです。

今日は、温度差は常にある、でも確実に平均体温を上げていく経営が理想だという話です。
悩まなくていいことにエネルギーを使うのは勿体ないですからね!

新しい活動は温度差を内包しながら拡がる

面白い社会実験があります。
それは、市民がくつろぐ公園が舞台なのですが、当然、ある男が踊り出すところから始まります。突然の出来事に、周囲の人はビックリするのですが、それでも男は楽しそうに踊り続けます。
最初にその映像を見た時は、「アホな人だな〜」と思いましたが、次の瞬間、信じられない光景が広がります。
なんと、それを見て一緒に踊る人が現れたのです。
その後、どうなるか?
1人、また1人と踊りの輪に加わる人が出て、最終的にはお祭り騒ぎのような状態になるのです。

hqdefault

すごいでしょ?
やってみてはいかがでしょうか?
え!?嫌だ?
いやいや、本当に公園で踊るという意味じゃなく、同じメカニズムを自分の組織で起こしてみては?という意味です。

この社会実験は、ムーブメントがどの様に伝染するかを模擬化したものです。
メカニズムはこう。
1、まずは、一番最初に踊りだすアホがいる。
2、勇気あるフォロワー第一号が現れる(←ここが大きなポイント)
3、フォロワー第一号の姿を見て、次のフォロワーが踊りだす。
4、閾値を超えると、次から次へと踊りだすヤツが現れる。(←ここもポイント)
5、ムーブメントになる。
6、でも、最後まで踊らないヤツもいる。

つまり温度差がありながら、全体に拡がっていくってこと。
温度差というのは伝染の順番で、冷めている人を「これから伝染する人」と見れるか「冷めたヤツ」と烙印を押すかでその後が決まります。
「冷めたヤツ」と見られたら踊ろうとは思いませんよね?

まずはNo.2が現れるまで社長は愉しく踊ること

会社組織でも、これと同じようなメカニズムで活動が広がっていくはずですが、ここに強制が入ると上手く行きません。
踊らないとクビになるので、踊っているフリをするだけ…どっかの国家元首の葬式で無理やり泣いている人たちみたいに…(笑)

一番大きなポイントは、社長自身が愉しく踊ること。
最初に一緒に踊ってくれる「フォロワー第一号」は、踊りが上手なわけではなく、好奇心が強いヤツで、社長が愉しく踊っていないとフォロワー第一号は現れません。
ですから、下手な踊りを見ても咎めてはいけません。

指示ゼロ経営ではそいつのことを「No.2」と呼びます。
2番目に偉いとか仕事がデキるという意味ではないし、右腕とも違います。
その他の社員は、No.2が踊っているところを見て真似をします。
また、No.2は、他のスタッフに「一緒に踊ろうよ!」と声をかけてくれます。
同じ社員の立場の人が言うと非常に影響力があります。

全体の5%ほどが踊り出したら、後は、相当な確率で全体へ感染していきます。

そして、実は、後から踊り出したヤツの中に抜群に踊りが上手いヤツがいたりします。
その踊りをみんなで研究する仕組みがあると、全体のレベルがUPします。
新しい踊りが伝染する時も、同じようなメカニズムが働きます。

これが温度差の正体です。

そして、忘れてはいけないのが、最後まで踊らないヤツもいるということ。
彼らを踊らせようと強制をすると、一瞬で伝染する雰囲気が破壊されてしまいます。
踊るのがつまらなくなってしまうのです。

社内に新しい風土を創りたいと思った時、新しい会社に生まれ変わりたいと思った時には、まずはNo.2が現れるまで、アホになって踊ること。

愉しくね!

 

さて、僕が社長に就任した時…弊社が街中から嫌われていて、社員の募集をしても誰も来なく、誰も自発的に動いてくれなかった時…そこから今日まで、何を仕掛けたのか?それをお伝えするセミナーを行います。
親友のかっちゃんこと勝村大輔の「フロリダセミナー」に登壇します。
今日の内容もお伝えしますが、かなり笑えますよ(笑)

きっと「米澤に出来るなら自分にも出来る」と思っていただけるはずです。

6月23日(火)13:00〜17:00
神奈川県大和市の老舗純喫茶「フロリダ」で行います。
参加費は1万円
場所はこちら
https://www.google.co.jp/maps/place/〒242-0016+神奈川県大和市大和南1丁目4−2/@35.4692696,139.4620561,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x6018566b84161da9:0x3c4b796d26c76b76?hl=ja

お申し込みはこちらから!
http://my.formman.com/form/pc/jJxJadhDyy3dLvYD/

The following two tabs change content below.
米澤 晋也

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。有限会社共和堂代表取締役
指示・命令をしなくても自ら考え行動する社員を育て、社長が掲げるビジョンに向かい1つになる組織を創る方法論「指示ゼロ経営」の実践組織Tao&Knowledgeを主宰する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
第5回たくらみ合宿「TOC&アイデア理論&指示ゼロ経営」

第5回たくらみ合宿 TOC+アイデア理論+指示ゼロ経営を開催します。

自分軸を知ればどんな場所でも自分の花を咲かせることができる

今後、産業の新陳代謝が激しくなると言われています。AIが発達

人間は自らの意志でのみ動くから他人に言われてもヤル気にならない

人は自分で決めたことには責任を持ちますし自発的にもなります。

「未来を選ぶ」「顧客を選ぶ」「パートナーを選ぶ」選んだ者が選ばれる

人生は「選ばれること」の連続です。 就職も結婚もビジネスも、選ばれる営

問題・課題の提起だけで解決しようとしない社員をどうするか?

代わりに考えてあげてしまうから自分で解決しようとしない社員は